来年、コロナで1万人が死にます。

ウィルス 社会
スポンサーリンク

「GO TOキャンペーン」東京は外すってよ

「GO TOキャンペーン」の是非を巡って日本が騒がしい。

新型コロナによって観光業界を中心に大ダメージを受けている日本経済に対する「気付け薬」として、政府が考案したのが「GO TOキャンペーン」だが、ここへ来て東京の感染者数が急増。

「今国民に旅行促してどうするんだギャー!!感染者増やしたいのかギャー!!」

という国民の反応を受け、政府は「GO TOキャンペーン」から東京都だけを除外という、無難なというか中途半端な決断を下した。

 

さて、根本的な話だが、「GO TOキャンペーン」を中止したり、あるいは縮小したりして、我々は何を得られるのだろうか。

「GO TOキャンペーン」が縮小に追い込まれた原因は、コロナ感染者数の急増にあるわけだが、ではコロナの感染者数が増えて、一体何が困るというのだろうか。

「感染症」という病気の原因は言うまでもなくウィルスや細菌の感染である。が、病原体ウィルスもしくは細菌に感染した状態のことを「病気」とは言わない。感染後、発症して初めて「病気」になる。

当然ながら、我々が避けるべきものは「病気」であり、中でも「重症」であり、さらにその中でも「死亡」である。

なんだ貴様、感染しても病気になるとは限らないから、コロナなど関係なしに旅行行きまくれって言いたいのかコノヤロー。

まあ、待て。落ち着け。

我々が根拠として扱っている数字は一体何を表しているのか、という根本を問いかけている。

テレビでは連日、高学歴のコメンテーターを並べては「感染者がこんなにー!旅行なんて行ってるバヤイですかー!!」と煽り立てる。

しかしその数字の母数、つまりPCR検査数は日々変わっている。しかも検査の実施は被験者の任意あるいは医師の判断によるものであって、「日本全体の縮図」には到底なり得ない。

検査結果の陽性の絶対数をもって騒ぎたいのであれば、今より検査数さえ増やせば「感染者数」は2倍にでも3倍にでもできてしまうのだ。

 

「感染者数」は氷山の一角だが、氷山の全体像はわからない

6月に実施された無作為抗体検査によると、東京都では0.10%という結果が出た。これは無作為なので、「東京都の縮図」として扱って良い。つまり、都民のうち1000人に1人はすでにコロナに罹ったことのある人であり、絶対数で言えば1万3000人程度ということになる。東京都には日本の人口の10分の1が集中しているので、10倍にすると13万人ということになる。もちろん東京都以外は東京都ほどは感染率は高くないだろうから、半分にしても6万人はいることになる。

7月14日時点での、日本全体のコロナ感染者数累計が2万2000人ほど。残りの約4万人はどこへ消えたのか?言うまでもなく、「確認されていないだけ」である。マスコミで報じられる「感染者数」は氷山の一角でしかない上に、本当の氷山と違って、その一角から氷山の全体像を計算できないどうしようもないものなのである。

しかもこの抗体検査は、5種類あるうちの2つにしか反応せず、感染し、無症状のままウィルスがいなくなってしまった場合などは、検出されない抗体が出来ているケースがある。その割合がどの程度かは分からないが、これがもし100倍いるとなると、都民の10人に1人は感染経験者ということになり、そろそろ集団免疫が効いてくるオーダーになる。

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

社会
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました