【大阪都構想】シルクという反対派の“標本”。

シルク 政治・経済
スポンサーリンク

記事タイトル写真は

より拝借。

何の根拠も提示することなく橋下徹氏を「ヘドロ」呼ばわりし、天皇陛下に直接手紙を手渡しするという暴挙を働いた山本太郎とも手を組んだ藤井聡大先生が、どうやら政治にお詳しいらしい吉本の美容番長ことシルク姉さんの大阪都構想反対論を引き合いに出してキャッキャしているのでご紹介。

いわく、冒頭は、5年前の住民投票では世間の風潮に流されて都構想賛成に1票を投じたが、バカだった。後悔している。死んだ母の言った通り、維新は詐欺だった……というような主旨です。

 

区役所はなくならない?

建物はね、でもできる業務が減るから、そこは区役所ではない。。中央区はATC まで、行くことになるでしょう。

これよく使われる理屈ですが、そもそも本庁に行かないとできない手続きを一体どれほど利用するというのでしょうか。実は役所の業務の整理は別に政令市だの特別区だのという問題以前に、普通の都市でも行われていることです。

私は大阪市ではない、普通の市に住んでいますが、やはり役所の手続き業務はいろいろと再編されており、近所の支所が閉鎖されて同じ手続きでも本庁に出向く必要ができた半面、印鑑証明なんかはコンビニで無人発行できるようになり、大変便利になりました。

この再編で便利になったか不便になったかは人によるでしょう。たまにしかしない手続きのためにでっかいハコをあちこちに置いとけってか?その維持費は誰が出すんです?

 

成長を止めるな?

とりあえず、大阪は成長していますよ。でも数字なんてどうでも良いんですよ。

日本全体のGDPは、すなわち経済の指標として間違いありませんが、地方の経済成長を評価するのって難しいんですよ。最も大きな要素として人口の流出入ってのがありまして。

大阪が今一成長できないのは、労働人口、しかも最も稼ぐ世代が東京へ行ってしまうことが最大の原因でしょう。それは間違いありません。一方で、まだ稼ぎの少ない若い世代、あるいはまだ就職していない子供の流入はかなり大きいんです。これってめちゃくちゃ良いことなんですが、「経済成長」という点では大きく寄与することはありませんし、それどころか「1人当たりGDP」で言えば下がってしまうことになりますからね。

この成果は、数年後あるいは十数年後に彼らが就職し、金を稼ぎ始めた頃になってようやく結実するものです。

大阪人口社会増減

都構想に反対しても1銭にもならない?

反対してるひとは、一銭ももうからない。

何を根拠にこんなことを言ってるんでしょうか。自分たちは清廉潔白。で、敵方の賛成派には竹中平蔵がいる、と。

これが法廷なら互いに確たる根拠を提示しないといけないわけですが、それはお互いにできませんよね。でも、推測で物を言っていいなら、反対派と利権を繋げる方がはるかに簡単で、動機としても非常にでかいものがあります。

あ、推測じゃなくて堂々とこんなことを言う人がいましたね。シルク姉さんはこれをどう見たのでしょうか?

 

二重行政なんてどこにでもある?

どこでも二重行政ですよ、横浜、神奈川県、神戸、兵庫県、、どこも文句でてませんよ。大阪市民も文句いうてない、、維新がいうてる。。

はぁ!?
だから何だと言うのでしょうか。

神戸も横浜も文句言ってないんだから、大阪だけ言うのはおかしい、と?「維新だけ」って、じゃあ今ツイッターで二重行政について語る人は皆維新の党員やその家族だとでも?私なんか大阪府民ですらないのに。

 

実はこのことは非常に重大で、多くの国民にとって二重行政をはじめとする行政の無駄って実感ができないのですよ。

例えば、誰かが1万円の納税をしたとしたら、その1万円は何らかの形で自分や地域住民に「行政サービス」という形で還元されることになりますが、その行政サービスが1万円分だと誰が算出してくれますか?できないんですよ、そんなの。1万円のうち5千円が訳の分からない業者の手に渡っていたとしても、です。もちろん会計上は、ナンチャラ建設費だのなんだのとして貸方借方の辻褄はいくらでも合わせられます。逆に、帳簿上の辻褄さえ合えば、行政は好きなことができてしまうのですよ。

 

シルク姉さんのこの部分の大きな疑問点は、前提として二重行政はあっても良いことになっているところですが、それを差し置いても、横浜市民や神戸市民が日常的に政治に関心を持ち、行政を監視し続けた上で、「二重行政はあるけど文句は言わない」とでも言うのでしょうか?そんなわけありません。そもそも住民には基本的にそれを判断する材料が与えられていないのですよ。その判断材料を与えてくれるのは、行政の内側にいる(いた)人間、つまり良心を持つ職員や維新の政治家などというわけです。

だからこそ行政を浄化してくれるような良識・倫理観を持つ議員を選出することが肝要なのです。

「知らないから黙っているだけ」を「認めている」ことにしてしまっているわけですよ。

 

まとめ:シルク氏の都構想反対論は直視に堪えない

それをあてにしていた黒門市場は、今エライことに。。

いや、知らんがな!

外国人観光客で荒稼ぎしようと思った各業者はどこも今大変ですよ。そんなもん、最初から潜在するリスクであって、ましてや100年に1度の世界的大災害である新型コロナの影響を、本気で維新のせいにしようと思ってるんですか?どんな商売にもリターンに見合うリスクはあります。知っておきましょう。

 

給食や、こどもの医療費ワンコイン。。

それを言うなら、高校授業料無償化も並立して語らないとおかしいですね。

 

谷町4から天神橋の高架手前の白線あきらかに消えてるのに、何年もそのまま。。

そんなもん、全国どこにでもあるわ!!!

どっか一か所、悪いとこ見つけ出して「ほらーーこの人こんなに悪い!」って、あんた齢いくつやねん。

うちの近所の公園は草生え放題!子供の遊び場半分くらいになってますよ。。

それでも不思議なことに府外から子供の人口は流入してますからね。その親たちに言って回れば良い。「大阪の公園は雑草だらけだから来ない方がいいですよーー!!」って。で、大阪城公園が綺麗になったことについては何も言わないんですか?

 

さて、都構想反対派陣営はこのレベルの反対論を引き合いに出すほど落ちぶれています。

これは、

「都構想に反対する根拠は、実はない」

ということと、

「こんなレベルの論説を紹介しないといけないほど追い詰められている」

ということの表れなのですが、残念ながら有権者には相当分厚い情弱の層があって、こういうタレントの取るに足らない論説も結構効果がありそうなんですよね。

住民投票の日が近づくにつれ、反対派のツイートは物凄い勢いになっており、それに連動するように直近の世論調査では反対派がわずかにリード。おそらくは、「賛成ではない」から「反対」になってる人が多数いて、その人達が積極的に投票に行くとも思えないので、可決される可能性の方がはるかに高いとは思いますが、賛成派は這ってでも投票に行きましょうね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました