サルでもわかる新型コロナの実像

ウィルス 医療・健康
スポンサーリンク

コロナ感染者は増えるよ 冬だもの

東京都の小池知事は2日、埼玉、千葉、神奈川の3県の知事とともに西村経済再生担当大臣と面会し、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出を速やかに検討するよう要請しました。

小池都知事が、埼玉、千葉、神奈川の名もなき知事たちを引き連れて政府に要請したんですか?「連名」というわけではなく?なんか気持ち悪いけどまあいいや。

で、なんでコイ……じゃなくて彼らは今、政府に緊急事態宣言を要請したんでしょうか?

新型コロナの感染者が増えたから?

重症者が増えたから?

「コロナ死亡者」が増えたから?

 

はぁ!?

風邪って暖かいと減って、寒くなると増えるものですよね?

んで、このコロナの感染者の増加、予測できなかったんですか?

何か異常がありましたか?

 

「新型コロナで死んだ人の数」という統計は存在しない

そもそもです。

「新型コロナによって死んじゃった人」が何人いたのか、どうやって判明したのでしょうか。

そんな統計、日本には存在しないんですよ。

 

何度も何度も何度も言いますが、今公表されている「コロナ死亡者数」は「PCR陽性者が死んだ件数」であって、その死因が脳出血だろうが糖尿病だろうがガンだろうが交通事故だろうが、全てカウントされてしまうというどうしようもないものです。

これは法律に基づいて厚労省が集計しているそうですが、法律がどうだろうと、それは新型コロナ感染症の実態を表すものではないので、政府とは関係なしに医師会が【診断書ベースで】新型コロナが死因に絡んだ件数を集計すりゃ良いだけのことなんです。

でも医師会はしませんよね?

なぜ?

その数字が出てしまうと都合が悪いからじゃないんですか?

コロナって実はただの風邪でしたってバレてしまうからじゃないんですか?

 

実際、医師がコロナとは関係ないと判断してるのに、厚労省が「コロナ死亡者数」にカウントされることを問題にした自治体がありましたよね?シカトですか?

厚労省が命令しないなら医師会がやるべきだし、その医師会もやらないなら地方行政の長が圧力をかけるべきなんです。

つまり、コイツら……ではなく、小池知事をはじめとする知事達は、「緊急事態宣言発出の要請」ではなく「しかるべき統計集計とその公表」なのですよ。

 

でもやってくれない。

やってくれないなら、分かってる情報から間接的に割り出すしかありません。

何の専門家でもないこの私が。

 

「コロナは怖くない」を算数で説明

豊洲市場で1か月にわたり、従業員3111人人に対し一斉無差別PCR検査。その結果、陽性者率は2.3%だったとのこと。

これね、どうせやるなら1日でやってほしいんですよ。と言うのは、1日でやれば正確な「感染者率」が出るからです。1か月かけてやっちゃうと補正が必要になってきます。

新型コロナの「感染可能期間」が2週間だとします。2週間は1か月の半分。なので、2.3%を2で割って、約1.2%とします。とりあえずのところ、この数字を「その日にコロナPCR検査陽性者の割合」として使うことができます。もちろん、統計としてはちょっと弱いですよ。場所が偏ってるしサンプルも多くはない。が、さしあたってはこれをもって「日本の縮図」としましょう。

 

次、コロナかどうか関係なしに、全国で何人死んでいるかという数字。

残念ながら、これを書いている時点では10月までしか出ていませんが、10月の数字は約118000人。これはほぼ例年通りで、1日あたりにすると3900人ちょいです。これが真冬に近づくにつれ数字が大きくなっていき、1月のピークには1日に5000人近くの人が亡くなります。12月はざっと4000人とでもしておきましょう。

このうち、12月の1日当たりの【いわゆる】「コロナ死亡者数」は平均して45人くらいと言ったところでしょう。

この45を4000で割ってみるとどんな数字が出るか?

45÷4000=0.01125≒1.1%

おやおやおやおや???

さっき算出した感染者率とほぼ同じですね?

これが何を意味するか分かるでしょうか。

 

新型コロナが本当に怖い病気なら、感染者率と「コロナ死亡者率」が同じであってはいけないのです。

 

一旦、用語を整理しましょう。

「感染者率」=【国内で今この瞬間にPCR陽性と出る人】÷【日本人全人口】

「コロナ死亡者率」=一定期間内に死因を問わず日本全体で死亡した人のうちのPCR陽性者の割合

もしコロナが怖い病気であるなら、

「コロナ死亡者率」 > 「感染者率」

という不等式が成り立つはずで、その差が大きいほど「コロナは怖い病気」と言うことになります。

つまり、「感染者率」が1%だとすると、「コロナ死亡者率」が5%だったり10%だったりすると「コロナって怖い!」と言っても良いのですが、ここで試算してみた結果、どーやら、

「コロナ死亡者率」 ≒ 「感染者率」

なのですよ。

 

因果関係を整理せよ

例えばですね、今現存する日本人の男女比ってほぼ50%:50%ですよね?

では去年1年間に亡くなった日本人の男女比は?やはり50%:50%ですよね?

あ・た・り・ま・え、ですよね?

では、去年亡くなった人のうちの半分である男性は、「男性だから亡くなった」のでしょうか?

違いますよね?

「亡くなった人のうち半分が男性だった」

と言うだけのことですよね?

ここまで分かりますか?

 

もしある1年間の死亡者数において、その男女比が80%:20%みたいな数字が出てしまうと、統計学上「死因に性差が関わっている」ということが言えるわけです。「男性だから死んだ」あるいは「女性だから長生きした」という推測が成り立つわけですよ。

 

では、コロナは?

生きてる人と死んだ人のPCR陽性率が同じだとすれば、「コロナで死んだ人などほとんどいない」(少なくとも「怖い病気」と表現するには程遠い)ということになるんですよ。

 

まだよく分かってないという方は落ち着いて読み直して下さい。

私がここで書いていることは、義務教育範囲内の話で、シンプルに因果関係を整理しているだけです。

当ブログでは一貫して「コロナは算数で捉えろ」と主張してきましたが、マスコミ、医師会、一部の政治家はそれをやろうとしません。

それは、因果関係が整理されたら困るからでしょう。

「好きになった相手はヤクザでした」と「ヤクザだから好きになった」は違いますよね?

エラい人たちは、これを敢えて混同させるように誘導しているのです。

 

バカを露呈した黒岩神奈川県知事

「医療崩壊ガー!」と喚き散らす黒岩神奈川県知事は、辛坊治郎氏に「では神奈川県全体の入院ベッド数は?」と聞かれて、なんと「把握していない」とぬかしました。なんで数字も把握していないのに「医療崩壊」なんて言葉が口から出るんですか?ア・ホ・ウなんですか???

この辛坊氏の指摘が極めて重要であることは、以前の投稿でも説明したとおりです。

【新型コロナ】あなたはワクチンを打ちますか?
●GoToトラベルと感染者数の推移には何の関係もない ●医療はひっ迫などしていないし医療崩壊なんて起こりようがない ●例のコロナワクチン、日本人には効かないかも…?

例えば大阪府で言うと、そもそもコロナ治療用病棟としてあてがわれているのは、ベッド数ベースで全体の2%足らず。母数がこれだけ小さいのなら、そりゃ「医療崩壊」なんて【人為的に】いくらでも起こせるでしょう。それを「医療崩壊」と呼ぶのであれば、母数増やせば良いだけじゃねーか!と言うのがずっと前からの辛坊氏の主張なのです。

 

緊急事態宣言など絶対に出してはいけない

さて、目下、今にも菅さんが緊急事態宣言を出しそうな空気ですが、当然ながらもしそんなことになったら、日本経済には「つうこんのいちげき」になります。次のターンでベホイミをかける前に死んでしまう可能性があります。

と書いたら、ついさっき読んだことを忘れたニワトリ頭が「人の命より経済が大事なのかペギャーー!」って喚くんですよ。

死んでないっつーの!

寿命で死んだ人を「コロナで死んだ」ことにしているだけなのです。

繰り返します。

非常事態宣言など出して経済を止めたら、今増えつつある若年層の自殺者がさらに増え、本当に今年「コロナ自殺者数」が1万単位になるかもしれません。これこそ不可逆的ダメージです。

 

コロナの死に方は悲惨?

順番バラバラだけど思い出したのでついでにもうひとつ。

「コロナは怖くない」って言うと、「コロナでどんな死に方してるか知らないからそんなことを言うのだ」って言う人が結構いるんですよ。実に不思議ですが。

数字の根拠で反論できなくなったら、今度は「死に方」を問題にしてくるんですね。

ではこの人達は、旧型コロナやインフルエンザで人がどんな死に方をしているのか、全てのケースを知っているとでも言うのでしょうか?旧型コロナだと苦しまず安らかに死んでいくから問題ないとでも言うのでしょうか??

いやいや、その前になんで死に方を問題視するんですか?

 

ほんま、ワケわからん。

 

恐れるべきは言論統制

マスコミの報道の仕方を常に批判している京大宮沢孝幸准教授は、京大からのお達しでツイッターを実質閉鎖してしまいました。

かねてから「コロナ怖くない」を主張する武田邦彦氏はYouTubeチャンネルを凍結させられました。

今マジで恐ろしいことが起きているんですけど、国民はこれらのことに危機感ないですよね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました