日大アメフト部内田前監督と日大広報の最悪の対応

ニュース
スポンサーリンク

日大アメフト部「悪質タックル」について

相手校の名前間違う時点であの人おかしい

私はアメフトをほとんど見たことないので偉そうなことは言えないんですが、一般人から見ればあのプレーは「傷害事件」と言っておかしくありません。

しかし、ここで問題にしたいのは、日大の対応のまずさというかアホさです。

まず内田前監督の「関西学院」の「カンサイガクイン」という言い間違い。これね、全国的に間違っている方が多いんですよ。もう皆さんご存知になっちゃったでしょうが、「カンセイガクイン」が正解です。

でですな。
普通の人が間違う分には良いんです。ところが、日大の、しかもアメフト部の監督は絶対に間違っちゃいけません。定期戦を交わす相手校であり、いわば親善関係にあるわけですから、名前を間違うというのは「故意ではない侮辱」と言っても良いくらいです。この時点でこの監督の信用度はかなり低くなっていますね。

擁護しようのない愚かな対応

そして悪質タックル事件の会見。
私は天の邪鬼な性格なんで、皆が一斉に避難している対象については、無理矢理でも良いところを探して擁護しようとするんですが、状況証拠が揃い過ぎててこればっかりは擁護のしようがないんですよね。「関西学院」の言い間違いでもそうなんですが、深刻なレベルで悪い意味での天然なのではないかと。

この事件で監督が対応するとしたら、最も被害を小さくするのは「とにかく認めて謝る」そして「加害選手を庇う」ことなんですね。仮に感覚としてそうしたくなくても、戦略としてはそうすべきなんです。

監督は良いですよ。もうリタイアしても良い年齢なんですから。でもコーチは(そうは見えないけど)まだ20代で未来がまだまだあります。もちろんあのコーチにだって責任はありますが、死刑にでもならない限り、これからも生きていかなくてはいけません。

だとしたら、最高責任者である監督が人道上やるべきことは、延焼を最低限に抑えて、加害選手、被害選手、若いコーチ、日大のイメージを出来る限り守ることだったのです。

せめて若いヤツを救済してやれよ

「功名心のために選手に無茶な要求をしてしまった。コーチにも圧力をかけていた。アメフトにラフプレーは付き物だが、今回のプレーは改めて見ると常軌を逸したもの。本来ならば即座に叱責するべきだったが、選手にそうしろと言ったのはそもそも私であり、私の感覚が麻痺していたことが全ての元凶である」

と。その上で、

「今回のことで加害選手がアメフトをやめてしまうということだけはあってはならない。“被害届”上の加害者は彼であっても、本当の加害者は私である」

とでも言っておけば、この人のイメージは全く違ったものになったはずで、会見をした宮川選手という有望な若い芽を摘むようなことにもならなかったかもしれません。

日大の広報の司会も最悪でしたね。たとえどれだけイライラしていようとも、記者の質問を遮って「迷惑なのでしゃべらないで下さい」なんて絶対に言ってはいけません。監督と広報という最も重要な2人が揃いも揃って、人の気持ちを理解できない人間だったのです。言いたいのなら「時間が限られておりますので、できれば違う主旨のご質問をお願いします」と言えば良いだけのことだったんですね。

彼らに限らず、世の中には謝り方を知らなくて損する人達がたくさん目に付きます。「え、なんで鎮火じゃなくてわざわざ油を注ぐようなことするの?」と。てなこと思うのは、私がこう見えても謝るのが上手いからなんですよ。営業やってもシステムにいても、クレーム対応に駆り出されたものです。

他の大学もやってる?

それはともかく、冒頭で書いたように、私はアメフトをよく知りません。今気になっているのは、内田前監督が「オフレコで?」録音されていたインタビューの中での関学批判です。すなわち、「関学は人のラフプレーを非難できないほど酷い」というもの。

ちょっとこれは看過できません。もし、私が知らないだけで、実は今回のレベルのラフプレーが結構当たり前にあるのだとしたら…。今はもう「アメフト ラフプレー」で検索すると、日大x関学の当該案件しか出てこなくて、なかなか情報を得られないんですよね。

ってことで、この点だけは今後も中止したいので、誰か教えてくれたら幸いです。

 

《姉妹ブログ》
卓上食洗機を使用した感想

子供と一緒に風呂入るなら防水Bluetoothスピーカー

ボケさえ出せりゃ安いカメラでもいい?

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

ニュース
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました