NHK「ワンセグでも受信契約しろよ」:N国立花孝志動画より

NHKをぶっ壊す NHK
スポンサーリンク

NHKから国民を守る党党首・立花孝志氏の動画です。

【ワンセグ携帯も義務】確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁

「ワンセグ受信機能の付いた携帯電話・スマホを持っているってだけでNHKとの受信契約義務が生じるのっておかしいだろ」と一般男性が訴えた裁判で、最高裁はなんと!「契約義務はある」との判決を下しました。

以下、立花孝志氏の動画に基づいて、ちょっとだけ注釈を入れながら書いていきます。

立花氏の動画のご主張は文字起こしされていないみたいなので、こうやってブログで書いてりゃネタには困らんわなどと思ってたんですが、他に書きたい記事がいっぱいある上に書くのがめちゃくちゃ遅いため、ほとんどできていないという現状です…。

「設置」ってなに?

放送法64条には、

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない

とあります。

司法は、ワンセグ付き携帯を所持することを「設置」と見做したわけですよ。この判事はどこの学校を出たのでしょうかね。

「放送受信を目的としない」ってどういうこと?

同じく放送法64条

ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

でも、ワンセグアプリなんて一度も起動せずとも契約義務が生じるんですよね?おかしいですね。

そもそもワンセグは有償化するほどの品質か?

立花氏は、「野球中継のボールもろくに見えないワンセグで受信料を取るのか」とお怒りです。全くごもっとも。そもそもハイビジョンの12分の1の情報量しか持たないワンセグ映像は、テロップも潰れちゃってたりして、がっつり観るには堪えません。それでも一般受信料と同じ料金を強制的に取ろうってことですか?「画が映るラジオ」みたいなモンなんだからラジオ同様無償化するのが常識的感覚に思えます。

三権がNHK支持

立花氏は「司法・立法・行政が全てNHKの味方をしている」と指摘しています。司法については今般の判決を含め、事例に事欠きません。立法はいつまでも現行放送法が改正されないことからも分かります。行政はこの場合総務省ですが、総務省がNHKに「お前やり過ぎだぞ」とか「放送法の範疇を超えている」などと指導した例を私は知りません。

一般人がこれらのどこかにドリルで穴を開けられるとするなら、立法が最も現実的です(それでもかなり難しいと思われますが)。NHKは害悪であるという認識を持つ者が国政に出ていき、法改正をするしかありません。

自民党での有名人では、青山繁晴氏も共通認識を持っている一人ですね。

「NHKから国民を守る党」もいよいよ国政に打って出ようとしています。私自身、N国に投票するかどうかは分かりませんし、皆にも投票しろなんてことは言いません。NHK関連以外では政策思想がまだ見えませんからね。

ただそれでも、こうやってブログで宣伝する価値は十分にあると思っています。NHKが存続している現状は、日本人の「今までこれで来たんだからいいじゃない」という事勿れ主義に基づく「結局前進できない」気質の象徴だと考えるからです。どこに投票するか迷った時くらいはN国に委任してもよさそうな気はします。

家電メーカーとNHKの相互天下り関係

動画では、テレビ・携帯電話を作っている家電メーカーとNHKの間には、相互に天下り関係があり、そのおかげでメーカーはNHKからの映像技術供与を受け、安く機器を作ることができているんだとか。

一見、「安くできるんだったら国民にもメリットでは?」と思ってしまいますが、そのおかげで商品の多様性や競争が失われてしまっていては意味がありませんね。この辺詳しくはありませんが、大きなポイントは、「NHKがテレビに関する特許を無数に持っていて、NHKだけが映らないテレビをメーカーが勝手に作れない」というところにありそうです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

NHK ニュース
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました