安倍政権、疲れてきたか?

国会議事堂 政治・経済
スポンサーリンク

政府はどっちを向いてコロナ対策をやっている!?

経済学者・上念司氏は、とにかく国民に声を上げろ!と呼びかけ、メディア(ネットばっかりだけど)出演時には自民党と財務省の電話番号を書いたフリップを掲げるという徹底ぶりでした。言わば、「マイルドな暴動」を促していたわけで、私もこれは大賛成。

で、当初発表された経済対策は、「1兆ドル」に合わせたのか、108兆円。ところが蓋を開けてみると、新規に計上された財政支出である、いわゆる「真水」は約20兆円とショボいもの。しかし上念氏はこれでもそこそこ評価できるとのこと。もっと声を上げていればここからまだ修正が入るぞ、と。

そして政府は、よく分からない基準で「収入が減った世帯に30万円」というアホ丸出しの救済策を取り下げ、【国民1人につき】無条件に10万円の給付を決めました。

ま~~本当にやり方がゲスいと言うか、ダサいと言うか、要するに国民のことなんて何も考えてないということがよく分かるこのコロナクライシスです。

何しろ当初は「和牛券」だの「おさかな券」だの「旅行券」だのと言ってたわけですからね。

で、文句つけられたら「貧乏人にだけ金銭補助しますよ」と。

それにも文句つけられたから「じゃあ国民一律10万円で」って。

お前らポリシーないのかよ!?と。

つまんない観測ドローンを飛ばしては撃ち落されを何度も繰り返す。そうやって無駄な手間と時間を食っている間にも、生活困窮者は増えていき、おそらく相当数の自殺者だって出ているでしょう。

「緊急事態宣言」なんて2週間で良い

政府が本当に国民のことを考えているなら、そもそも緊急事態宣言なんて1か月も要らないのですよ。新型コロナの潜伏期間を考えたら2週間で十分なのです。

ただしその2週間は、とにかく家から出るな!仕事するな!食材や医療物資など生活最低限の物品は配達で!を徹底する。

2週間後に何の症状も出ていない人は、「無症状感染者」の可能性は極めて低く、「陰性」なのですよ。つまり、実質的にスクリーニング検査をしたのと同じになるのです。

もちろんその代わり、その行動規制期間の収入は政府が補償する。国民は安心し、そして政府を信頼し、言うことを聞く。

「お金は出しませんよ?だって“命令”じゃなくて、家からなるべく出ないでねって“お願い”してるだけなんだから」と卑怯なやり方をズルズル続けるなんざ愚の骨頂。いたずらに感染者も自殺者も増やすだけです。

いや、一律10万円だって足りんから!

で、当初あまりに国民をナメたことを言ってるから、「一律10万円支給」が随分マシに思えるんですよ。これもまたトリックでして、ダメなんです。これでもまだスタート地点です。

財務省からすると、消費税率の維持という砦を守れたのだからこれでも成功であり、一方の国民からするとまだ敗北なのですよ。上念氏の言う通り、これからもまだ声は上げ続けるべきです。

しつこいようですが、私は個人に対してベーシックインカム3万円/人月(真水)を導入すれば、事業者に対しては無利子無担保融資(濁り水)で良いと思ってるんですけどね。BIさえあれば、事業をやめてしまわなければいけないような事態になっても何とか生活は保障されていますし、何より国民の消費量が底上げされるんだから、そもそも事業をたたむ必要がなくなるわけですよ。事業者は借金を返しやすくなるし、一部不良債権になったとしても大した額ではないでしょう。

「コロナ戦争」の敵は財務省

さて、このコロナ禍は戦争だと言われますが、日本においてその戦争の相手は財務省です。今回のことで、官僚は国民のために動いてくれないということがよく分かったと思います。

「一部の世帯30万円」案が発表された後、総理私邸周辺でデモをする人たちがいたとか。普段なら私も「何やってんのこの人たち」と冷ややかな目で見てしまうところですが、今回の件では応援する立場です。

これに対し高須クリニックの高須院長は、「大馬鹿者」と大批判。「感染者を増やすつもりでしょうか?」「みんなで協力し合わなきゃいけない時なのに」と。

いやいや、協力し合わなきゃいけない時に、その協力の中核にある肝心の政府は何やってんの?って話でしょう。

「家にいろ!金は出さないけど」で誰が言うこと聞くんだ、と。そりゃ高須院長は良いでしょうけど。

こうやってデモをする人たちを「大馬鹿者」と批判することが是とされるなら、官僚の好き放題を容認してしまうことになるのですよ。

「そのために選挙がある」

形式的にはその通りです。

が、国民が選べるのは政治家だけで、官僚人事は動かせませんし、この緊急事態に次の選挙を待っている余裕もありません。

安倍政権【でも】官僚を支配できなかった

何より戦慄すべきは、安倍さんという超長期政権ですら、この国難に際し、官僚に対する発言力が発揮できなかったという事実です。

「脱官僚」を掲げて政権を獲った民主党は結局何もできないどころか、官僚依存をますます強めた感すらありました。

その政権を奪い返した安倍総理は、内閣人事局(官僚の人事に積極的に介入する機関)の設置や金融緩和など、最初は良い感じだったし、実際に株価や新卒就職率・失業率などを見てもかなりの成果を上げてきました。

しかし、この調子でドンドン行け!とはならなかったのです。その象徴は消費税増税の実施。多くの国民は、安倍さんに増税凍結を期待してたと思いますが、そこまで官僚を説き伏せることもできず、最悪の施行となりました。

そして不慮の大災害である今般の新型コロナ禍。安倍さんの真価が問われる重大な場面でしたが、当ブログで書いているように、典型的な財務省傀儡総理となってしまっています。

消費税を引き下げることもできず、一律現金支給まで持って行くのに茶番を繰り返し、「アベノマスク」を揶揄され、家でくつろぐ動画をアップして反感を買う。今、安倍さんの周りにはまともなブレーンがいなくなってしまっているのでは?と想像してしまいます。

正常な判断力があれば、あんなマスク2枚を配ればどうなるか、あんな動画を上げればどう思われるか、想像できそうなものですが、そういったトンチンカンなことをやってしまうんですよ。

「アベやめろ」は何も生み出さない

「アベやめろ」教の人は楽ですよ。「アベやめろ」と念仏唱えてりゃ気持ちよくなれるんですから。

一方、本当に国のことを憂える指揮者はそうではありません。言うまでもないことですが、大事なことは「安倍を辞任させる」ことではなく、「次の誰を総理にするか」です。

もう一度言いますが、我々が選べるのは政治家だけであって、官僚人事には触れることができません。で、安倍さんですら官僚を支配することができなかったことは、国民にとって痛恨の事実なのです。

安倍さんを辞めさせて、次は?旧民主党系野党連合に任せますか?んなアホな!ですね。

自民党であれば、人気No.1は石破さん。いやいや、アンケートでこの人の名前を挙げる人というのは結構深刻なバカだと思いますよ。まあ、自民党支持者内での石破支持者はかなり少数なので安心ではありますが。

だったら菅さん?岸田さん?河野さん?私なら河野さんですが、党内でどれほど仲間がいるかはまだよく分かりません。ネット住民の直接選挙なら圧勝でしょうが。

で、自民党でないとしたら、現実的な線としては『維新』しかないのですよ。でもその維新もどれだけ駒がいるのか分かりません。松井・吉村のツートップだけが目立ちすぎて、他のどんな議員がいるのか、もし衆院解散でもしたら、この2人のうちのどちらかが現職辞任して立候補するのか。

 

疲れた。今日はここまで。

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました