【新型コロナ】今、吉村大阪府知事がやらなければいけないこと

吉村大阪府知事 医療・健康

菅さん支持率急落だってよ

コロナ対応の「失態」で菅政権の内閣支持率がガタ落ちなんだそうで。このことについては面倒なので自分のツイート貼り付けます。

日本の首相は良くも悪くも民主主義的であり、首相に動いてほしければそういう世論を作るしかない。タカ派右翼と言われ、超長期政権だった安倍首相ですらついに改憲も終戦記念日の靖国参拝も叶わなかったのは、とどのつまり世論が形成されなかったからだ。

元のツイートは塩村あやか議員がRTしているが、だったら野党はこの件について何を言ってきたのか?そんなことより「桜!学術会議!」ではなかったのか?

コロナ対応だけ見ればたしかにガースーは情けない。が、総合的に見ればかなり優秀な総理だ。日本学術会議の膿を白日の下に晒し、携帯電話料金の大幅値下げ、役所業務のペーパーレス化(判子廃止)など、誰かがやるべきなのに誰もやってこなかったことをやったんだから。

が、それでもガースーに求めるのは「大胆さ」だ。ガースーの年齢はこの上ない武器だ。だって平均寿命まで10年切ってるんだから、何も怖くないじゃん。【形式上の権力】を駆使して思った通りに動いてほしい。

吉村大阪府知事に点数をつけるとするなら

で、我らが吉村さんのコロナ対応に点数を付けるとするなら……
60点
です。

これを高いと思うか低いと思うかは人によって違うでしょうが、私の基準は「ここまでならできるだろう」が100点なので、40点分は「なぜできない?」ということです。

と言ってもこれは絶対評価であって、よその知事その他の政治家と比べると偏差値は無限大(測定不能)になります。なぜなら、0点を下回ってマイナスになる人がいるから、偏差値が計算できないんですよ。

ほいじゃ、吉村さんには何が足りないのか、つまり「私が今吉村さんの立場ならこうする」というのをお話します。

吉村コロナレポートの中で要らない項目

今、吉村知事がツイッターで毎日報告しているコロナ関連統計がこちらの項目。

本日の検査数
陽性者数(ざっくり年齢内訳)
陽性率
感染源不明者
感染源不明者の前週増加比&平均数
重症病床使用率
軽症中等症病床使用率
ホテル療養使用率
このうち、明らかなノイズとなるのが「陽性率」です。
というのは……。これの計算式は「陽性者数÷検査件数」となると思うのですが、分母の検査件数はPCR検査の総数が来るはずですね。しかしPCR検査にもいろいろ意味がありまして、「風邪症状があり、新型コロナが疑われるために診断確定するのが目的」の検査と、「新型コロナ感染者と診断された人の濃厚接触者からPCR陽性者を炙り出すため」の検査があります。後者の場合、そこにクラスターが発生していれば率は跳ね上がるし、そうでなければガクンと下がることになります。それでも感染ルートが100%明確になっていればそれなりに意味がある数字なのですが、現状、「感染源不明者」は全体の半分以上になっており、結果的に「陽性率」はめちゃくちゃブレてしまうことになります。まあ、そもそも「濃厚接触」を定義づけること自体に無理があるんですけどね。
今局所的に行われている無作為検査による陽性率が1%前後あることからしても、「感染源」は考えるだけ無駄とも言えるでしょう。
 
つまり、「陽性率」「感染源不明者」「感染源不明者の前週増加比&平均数」この3つは必要ないということです。
 

吉村コロナレポートに必要な項目

次に吉村レポートの中で必要な項目ですが、その前におさらい。
 
いわゆる「コロナ死亡者」は「コロナで死んだ人」ではないということは、当ブログで何度も説明してきました。賢明な読者の皆さんはよくご存じですね。あ、今日初めてこのブログを見てその事実を知った?おめでとうございます。今日は、あなたが愚かな情報弱者を卒業した記念日です。
 
この統計は「現時点で特定の感染症患者がどれだけいるか」をカウントするために、減ったら減っただけ数字を引かなくてはならないから出しているだけの数字であり、それ以上の意味はなく、それ以下でもありません。それがマスコミを通じて国民の目と耳に届く時点では「コロナで死んだ人」となってしまうわけです。これは「齟齬」とか「誤報」と言ったレベルの話ではなく、政府・医師会・マスコミの大犯罪とも言える行為なのですが、BPOも動いてくれませんね。だから個々の国民が賢くなるしかありません。
 
 
また、(これを書いている日からすると)昨日ですが、吉村さんが「PCR陽性者=感染者ではない」と発言したことから論争が巻き起こりました。これも当ブログで書いてきたことで、吉村さんが正解です。
 
議論をするには、キーワードの定義が曖昧であってはいけません。「感染」とは何か「PCR陽性」とは何を意味するのか、おそらく故意に、マスコミや医師会はこの辺の説明をないがしろにしたまま1年間を過ごしてしまったのです。
 
改めて「感染」とは何かを説明しておきますと、「病原体が対象の生体に定着し、その生体の細胞を利用して増殖すること」と定義できます。
PCR検査というのは、検査媒体に付着した病原体を増幅させて、存在確認する検査です。増幅は複数回行われ、その数値のことを「Ct値」と言います。どういうわけかこの数値は国・地域によってまちまちで、多分WHOも指針を示していません。日本はと言うと、これが高すぎるんです。高すぎるということは、ほんのちょびーーっと、たまたま通りがかった新型コロナウィルスまで検出したりするので、とても「感染」の真偽を確かめることなどできないレベルだと言います。つまり、ついさっきコロナウィルスの付着した物を触ったその手で鼻くそをほじってしまったら、感染してなくても「陽性」になってしまうわけです。このCt値を下げろという議論はずーっと前からあるのですが、一向にその気配すらありませんね。
 
吉村さんのコメントを「詭弁」だの何だのとホザく人は、まず言葉の定義を提示しなさい。そして適正なCt値はいくつだと思うのか言ってみなさい。それも言わずに悪口だけ言うんだから、日刊ゲ〇ダイはろくなもんじゃありません。
 

ではどんな統計が必要か

PCR検査結果や「コロナ死亡者数」は、一見すると客観的な数字だからタチが悪いんです。いや、客観的な数字には間違いありませんが、「その数字が何を表しているか」という意味が歪められてしまっているのです。

ではどんな統計が必要かと言うと、

「新型コロナ感染症の患者数」
「診断書ベースのコロナ死亡者数」
「無作為・一定数・定期的なPCR検査」

となります。

「新型コロナ感染症の患者」とは、実際に咳や発熱、場合によっては肺炎などの症状を有し、PCR検査で新型コロナ感染症と断定され、診断書に「この人、新コロ」と書かれた人のことです。診断するのは人間である医者なので多少の主観が入る余地もありますが、それでも漫然としたPCR検査数よりはるかに有意な数字になります。

「診断書ベースのコロナ死亡者数」も同様。「PCRで陽性だった人が死亡した件数」ではなく、「新型コロナ感染症によって死亡した人の数」にしなければいけません。

「無作為・一定数・定期的なPCR検査」は定点観測とも呼ばれ、今吉村レポートが出している「陽性率」のようなブレはありません。市中感染率がそれこそ客観的に、ノイズなしにはじき出されます。マイナンバーでも何でも使って府民を一定数(500人×8世代=4000件もやれば十分でしょう)抽出し、検査する。これを1週間に1回でもやれば、コロナの感染拡大の度合いが一目で分かるようになります。

最初の2つについては、吉村さんは知事の立場から大阪府下の全てのコロナ対応病院に命令(法的なことはちょっと分からんので、「要請」?)を出せばほとんどコストなしに今すぐできます。

3つ目に関しては本来、日本医師会と厚労省がやるべきことなんですが、やらないなら大阪府だけでやっちゃえば良いんです。大阪府独自でやるということは、PCR検査費用は大阪府の負担ということになりますが、1か月1億ちょい程度のものですから、大した額ではありません。それは宣伝費と割り切って「国も医師会も動かないから大阪府が独自でやっているんだ」と堂々とメッセージを発信すれば良いんです。

 

これは無理だったかもしれないけど…

私からすれば緊急事態宣言の要請などするべきではありませんでした。その根拠は、前回の緊急事態宣言が何の意味もなかったことは統計から明らかで、経済活動を止めるという大きなダメージに対して何も得るものがなかったからです。

「大阪は情緒ではなく科学で動く」と明言し、むしろ「政府が緊急事態宣言を出すのは良いが、大阪は除外してくれ」くらいのことは言ってほしいものです。

が、そのためにはセットにすべきもう一つの難問があります。

 

医療リソースのコロナへの開放

目下、コロナ“禍”を作り出している核となっているのが「医療崩壊」問題です。

医療供給力が日本よりはるかに下回り、コロナの感染者数・死亡者数が軽く一桁以上多い諸外国が「医療崩壊」など起こしていないのに、世界トップとも言われる医療供給力を持つ日本で「医療崩壊」が起きるのか。

コロナに割り当てられている病床はなぜ全体の2%程度なのか。

そしてマスコミも医師会もなぜこのことには言及しないのか。

もちろんその理由は、「医療崩壊」が日本医師会によって人為的に作り出されているものだからです。これもおさらいになりますが、解決法なんてめちゃくちゃ簡単で、「コロナを5類に格下げして、医療リソースを開放」すれば良いだけのこと。5類に下げるのができないにしても、病院・病床を開放するなんていくらでもできます。

しかし医師会はやりません。「感染者爆発はGoToトラベルのせい。エビデンスはないけどね!」なんてアタオカな言葉が医師会会長の口から飛び出すくらいなのですから、正気の沙汰ではありません。

PCR検査の機材・消耗品はほとんどが国産。そりゃ医師会は「PCRを!」と言うはずですよね。彼らの言うとおりにPCR検査を増強すると、1年間で軽く1兆円を超える金が日本の医療界を潤してくれますから。

彼らにとってコロナ禍はメシの種であり、ビッグビジネスです。「コロナはとても怖い病気」でないと困るのです。1人のヘルパーが何人もの面倒を見れるはずなのに、指定感染症2類という「怖い病気」のためにヘルパーではなく、看護師が、しかも複数、1人の患者のケアに当たらないといけません。「ほら、医療現場はこんなに大変なんです!」と自作自演を続けなければならないんです。

100万歩譲って新型コロナが恐ろしい病気だとしても、だったら看護師や介護職の人達全員に抗体検査をして陽性が出たら、その人だけはコロナ以前のやり方でケアに当たってもらうなどできるはずなんですが、不思議なことにそれすらやろうとしませんね。

地上波の隅っこの方では辛坊治郎氏を中心にこのことに切り込んでいますが、テレビ全体の情報量としてはとても「大きな声」ではありません。しかし今大きくなりつつあって、吉村さんのようなポジティブな影響力を持つ若い政治家が声をあげる下地はできていると言えるでしょう。

「大阪府下の病院でもこの件については知事の権限が及ばない。医師会が音頭をとって、全体のあとたったの1%をコロナ患者に割り当ててくれれば医療崩壊など起きようもない。そして政府はその病院にしっかり売上補償すべきだ」

と言えば、世論が動きます。

吉村さんはすでにツイッターなどでこの件については動きを見せているんですが、一般国民にはなかなか周知されません。大きな声で、政府・医師会に言うべきことを国民に向かって言うことで、圧力を高めていく必要があるでしょう。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました