コロナで医療ひっ迫って嘘じゃねーの?

ウィルス 医療・健康
スポンサーリンク

医療がひっ迫してる?ほんと!?

最近コロナと言えば、「医療のひっ迫」「重症病床の不足」がホットワードとなっております。

が、私はこの報道に大きな欺瞞を感じているのですよ。

というのも、新型コロナ被害の度合いで言うと、日本の数十倍規模でダメージを受けている欧米ですら、「医療崩壊」と言う話はいまだに聞かないからです。

では一体、新型コロナ関連の医療において【何が】足りないのでしょうか。

 

人手

人手、特に看護師が不足していると言われています。だったら非現役看護師を募集すれば良いんですよね。十分な手当てをつけて。どのくらいの手当てをつけて募集しているんでしょうか。私は知りません。

 

病床

コロナのせいで閑古鳥の鳴く病院が増えたと騒いでましたがどうなりましたか?病床・病棟が足りないとしても、それって「コロナ受け入れ病院」というパーティションを設定しているからではないのですか?

 

機材

新型コロナで重症化すると、人工呼吸器やエクモによる処置が必要になってきます。さて、こういった医療機器は今全国にどのくらい存在し、どのくらいが稼働しているのでしょうか。これ知ってる人います?皆知りませんよね、報道しないから。

 

人工呼吸器は余り倒してるだってーっ!?

さて、本当にたまたまなんですが、これを書きながらYouTubeをながら再生していたら、この動画が自動再生され始めました。私はまだ最初の数分しか観ていないのですが、本当にちょうど私と全く同じ主張をされています。

いわく、人工呼吸器については(この動画は12/4にアップされたものですが)武田氏調べで直近1割しか稼働していないとのこと。何のことはない、人工呼吸器は余り倒してるんですよ。

そりゃそうですよね。インフルエンザ患者は、10月の数字で言えば例年の10分の1、喘息患者も極端に少ない。今年は人工呼吸器の出番が少ないのです。マスコミあるいは医師会はなぜそれを言わない?

 

看護師不足は医師会とマスコミのせいじゃないのか!?

人手について言えば、看護師を増やす前に、現役看護師が辞めて行ってるというんだからどうしようもありません。辞めていく理由は、「コロナ差別が怖いから」だそうで。

そりゃそうですよね。マスコミや医師会がこれだけコロナの恐怖を煽り倒してるんだから、「あそこのお母さんはコロナ受け入れ病院の看護師やってるらしいわよ。じゃあ旦那や子供もいつ感染するか分からないわね」なんて噂をされたっておかしくありません。これがただの妄想でないのは、私の触接の友人がこのレベルの差別に遭って、村八分画策をされたからです。幸い、友人は引っ越しましたけどね。

また、看護師自身だって医師ではありませんから、皆が皆まともな判断力があるとも限りません。一般人並みにコロナを怖がる若い看護師だっているでしょう。なんせ薬局の登録販売員でありながらイソジンに関するデマを流していた人もいるくらいでしてね。

勤務を控えた方が良い(かもしれない)看護師というのは、高齢者と同居している人だけでしょう。医師会はそれをちゃんと言えば良いんです。「家族に高齢者のいない方はふるってご応募ください。給料は5割増しですよ」と。実際どのくらいの手当てがつくのかは知りませんけど。

 

二類感染症を格下げせよ!

で、それもこれも、主たる元凶は「指定感染症」なんですよ。

台湾では、外国人のコロナ患者が病室から8秒間出ただけで高額の罰金を請求されたというニュースがあって、「日本もこのくらいやれ」なんて声が上がりましたが、いやいや、日本でやっちゃダメですよ。どう見ても日本医師会が国民のために仕事をしていないから。「コロナ大変、俺たち大変!」をアピールするばかりで、まともな対策を考えようとしていません。

日本でするべきはその逆。

新型コロナを指定感染症2類から5類に引き下げることです。すると大げさな隔離は必要なくなります。インフルなどと同様、病院に行くと「あ、高熱ですか?じゃ、こっちの方で待っててくださいね」というマイルド隔離で良いんです。

「コロナは怖くない、とは言わないけど、少なくともインフルを超えるような病気ではない」と政府と医師会が公認することによってコロナ治療制度と社会の雰囲気を変えていけば良いんです。

そうすることによって、コロナ差別を怖がって医療現場から去る人はいなくなるでしょう。

ところが実際に日本医師会がやっていることは、「GoToで感染者が増えた!エビデンスはないけどね♪」と国民をバカにするようなアナウンスをするだけ。アホか。

 

積極経済・積極医療を!

今、コロナについて政府がやっていることは、

消極経済

消極医療

なんですよ。

GoToトラベル中断して、飲食控えて頂いて…。

あー、(感染症指定のせいで)病床が足りない~

これ誰が喜ぶんですか?

 

そして私の主張はこれの全く逆。

積極経済

積極医療

です。

積極経済というのは、少なくともエビデンスのないGoToトラベルキャンペーンは継続、その他経済活性できる方策をやる。外食は感染を拡大するだろうと私も思っています。が、時短営業だとか、「4人まで」みたいな中途半端な対策にほとんど意味はないと思います。感染を防ぎたいなら、強制的に一定期間営業停止。でも現行特措法ではそんなことできないし、できたとしても経済的ダメージが大きすぎて絶対にやるべきではありません。また、現行制度上、「要請」しかできませんから、その要請に従う店と反発する店では物凄い格差がでてきてしまいます。とんでもなく不公平なことになってしまうのです。

だったら、そんな要請も一切なし。

 

そして積極医療。

日本医師会と各地方医師会が主導して、日本全体の医療供給量を整理し、設備と人員と機材の都合をつけます。「コロナ受け入れ病院」などやめて、どこの病院でも診断・治療が行えるようにします。いまだ特効薬のない現状において、隔離以外の目的で病院を指定する必要はありませんし、ハードな隔離をするほどの病気でもありません。

 

と言ってもすでに指定感染症2類は1年延長が決まっています。残念ながら。しんどくなったので今日はこの辺でやめますが、最後に。

大事なのは情報です。

日本医師会はなぜちゃんとした情報を流さないのですか!?

何かやましいことでもあるんですか!?

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました