【キズナアイ騒動】春風ちゃんのツイートから男女相互の認識差を考える。

キズナアイ ジェンダー
スポンサーリンク

いろいろと問題のある春風ちゃんのツイート

男は常に加害者であり、女は常に被害者なのか?

「人間としての理性がコントロールできないような人間は砂かけて目を潰してしまえ」という文言がそういう男性に向けた(正当な)蔑視であることはさすがに本人も認めるだろう。

男の性犯罪や「エロい目」と言うのは、生殖という動物にとって最も大事な機能の副作用である。これらは犯罪として、あるいは汚らわしいこととして認知しやすい。

が、一方で女性のPMSなど月経に基づく、あるいはもっと大きな周期のホルモンバランスの崩れによる理性の喪失というのもあって、その際にパートナーたる男性は、腕力を伴わないが、極めて暴力的な言動で傷つけられることがままある。知人はノイローゼになってた。

あまり表に出ることはないが、男から見れば「人間としての理性がコントロールできない」ような状態に女性が陥った時、良識ある男性は皆必死に我慢してたりするわけですよ。ノイローゼになりながらも。「そんな理性のない女は口を縫ってしまえ」なんて言ったらクズですよ。

++++++++++++++++++++

以上はツイッターのコピペ。

なぜ「男はバカ」なのか

さてさて、この話はとどのつまり、男と女の性差をお互いがどう認識しているか、ということなんですね。

(1)男から見た男
(2)男から見た女
(3)女から見た女
(4)女から見た男

という風に実は4つの性が存在するわけです。あ、LGBTは除いていますよ。

問題になるのは(2)と(4)で、お互いの性を観察・言及する際にはデリカシーが必要です。春風ちゃんは(4)の立場で、(私から見れば)大いにデリカシーを欠いた発言です。

 

性風俗があり、キャバクラがあり、ハニートラップがあり、性犯罪がある。

といった男のセックス文化や習性は、女性からすれば男の「性」は本当に頭が悪いものに見えるに違いありません。

ではあなたがもし男に生まれ変わったなら「賢い男」になれるでしょうか?

断言しますが、なれません。

なれるのは、「バカの中でもマシな男」とか「我慢強い男」であって、性において「賢い男」にはなれないのです。

その理由は、オスとメスのそれぞれにとって「生殖方法」が違うからです。

メスは一度の交尾で単一の精子しか受け入れることができません。生殖のために普段から月経という実に面倒くさいものに煩わされている上に、いざ生殖となれば出産まで10か月、出産した後も長い間自分の体液を飲ませて子供を育てなくてはなりませんから、どうしても相手を選ぶことには慎重になり、性衝動の発動も複雑だと想像できます。

一方オスにはそれらの煩わしい要素は関係ありません。周期もクソもなく日々産生され続ける精子の放出先を非常に緩い基準で探し続けるのが男にとってのセックスです。

「自分の子を持つ」という行為は、経済的事情を除外して肉体的な負担だけを考えても、メスにとってはどう頑張っても2桁に届くか届かないかですが、オスにとっては1000人の子を持つことも実に簡単な話です。

この手の話はだれもがどこかで見聞きするようなもので、それに対して「自分勝手だ」「言い訳だ」という女性の反応もよく目にします。しかし、それでも、事実なんだからしょうがないんです。

正論を装った暴論

掘り下げていくとこの話はきりがないのでまた別の機会にするとして、春風ちゃんの話に戻しますと、これって、

「正論(この場合はフェミニズム)と思い込んでその勢いで無暗に対立構造に入り込み、さらに敵対勢力を汚い言葉で罵倒してしまう」

というパターンなんですよ。

「春風ちゃんは性犯罪者のことを言ってるんだから、罵倒して当たり前」?

であれば、ハッキリ「性犯罪者」と書けば良いわけで、なぜわざわざ「人間としての理性~」みたいな表現をするのでしょうか。

私はキズナアイ関連の彼女の一連のツイートを読んでいて、「男の性欲なんぞ知ったことか。女の子は可愛い服を着る権利がある」という暴論のニュアンスを感じ取ってしまうのです。

で、「人間としての理性」云々なんて話を広げられてしまうと、「だったら女はどうなんだ?」と意地悪で言ってしまいたくもなります。

女性には、男性にはない心身状態のリズムがあることは言うまでもありませんが、その谷にある状態においては相当に精神状態が荒れる人もいるようで、パートナーや家族は対応に四苦八苦することがあります。

とは言え、あくまで私の観測範囲内の話なので、サンプル数としてはそう多くありません。少なくとも、PMS用に薬が市販されている程度には共通認識があるということですね。

そして、その「谷」にある状態の女性の言動と言うのは、女性自身にはあまり自覚はないのかもしれませんが、それこそ「人間としての理性」を疑ってしまうレベルであることもままあります。

それが妻である場合、私は理解した上で接することができますが、子供たちが標的になりそうな場合はなるべく近づかせないようにします。

繰り返しになりますが、「そんな人間としての理性がコントロールできないような人には砂かけて目を潰せ」なんてことが許されるなら、当然カウンターとして「生理中の女の口は縫っておけ」なんてことが許されてしまうことにならないでしょうか?

女性の月経と男の性欲を一緒にするな?

いえいえ、どちらも生殖能力の副作用だし、男の性欲は男性自身にとっても鬱陶しいものだったりするんですよ。

みんな自分こそが正論だと思っている

でも春風ちゃんは、こうも書いています。

人間、口を開いて言葉を吐けば「これは暴論だけど」なんて人はごく稀で、みんな「私の言うことこそ冷静かつ客観的な正論である」という無謬性を前提にしているわけです。

この引用部分は、「それまでのツイートであなたがどう感じようがそれは男性の人権軽視でも異性嫌悪でもない=冷静な論理的判断であって、根本的な部分で修正はしない」という宣言にも等しいわけで、別段感情的に書いた訳ではありませんよ、ということですよね。

これを俯瞰で見てみると、どう見ても対立構造を助長してるし、対立構造である以上、こういう言論では男と女って絶対に分かり合えないんですよ。

男の立場から言えば、「男には月経がないからその辛さを女性と【共感】することはできないが、男には分からない辛さであることを【理解】はしなくてはならない」と言うのが男女共存のあるべき姿だと思っています。だから女性が生理でイライラしていてもそれを責めてはいけない、と。

女性にもその辺の理解はあった方が世の中うまくいくってもんでして、「性犯罪が憎けりゃ男の性欲まで憎い」という短絡回路に陥ってしまっちゃいかんと思うのですよ。「罪を憎んで人を憎まず」です。

ロリコン、可哀想すぎないか?

書き忘れていたので最後になりましたが、「ロリコン有罪」というのは差別以外のなにものでもありません

性的嗜好は、ダーマの神殿みたいなとこに行って「俺は熟女!」「僕はSM!」などと自分の意思で決められるようなものではありません。好き嫌いは感覚的なものであって、何を好むかということ自体に罪はないのです。

娘を持つ親として、ロリコンは警戒すべき存在ではあります。しかし、何もしないうちから、たそういう脳を持っているというだけで「有罪」などと断じてしまうことと、最後のツイートは何も矛盾しない、と春風ちゃんは本当に思っているのか甚だ疑問です。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 性・ジェンダーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました