ウォーキングデッド日記~ウォーキングデッドに見る犬のしつけ理論

映画・ドラマ
スポンサーリンク

ウォーキングデッドもようやくシーズン7後半にさしかかりました。←私がそこまで観た、という意味です。いやー話には聞いていましたが、シーズン7の冒頭は衝撃でしたね。まあ、これについてはまたいずれ。

さて、犬のことばっかり書いてる私がウォーキングデッドを観て思うことがあるんです。


ウォーキングデッドの主人公であるリックは元警官であり、本来は善良かつ平凡な一公務員でした(と思われます)。それが、目を覚まして変わり果てた世界に足を踏み込んだ後は、成り行きで自分がコミュニティーのボスになります。

ボスになったリックの性格は、それまで持っていた(であろう)温厚さは徐々に姿を消していき、どんどん神経質になり、時に凶暴さすら見せるようになります。

一方、学も品もない粗野な性格だった(であろう)ダリルは、ボスを得たことで急激に大人しくなっていきます。リックが攻撃的になっていくのと反比例するように、友愛を重んじる人格になっていきます。

これですね、犬のしつけ理論にピッタリ当てはまるんですね。

私は犬の初心者にしつけの相談をされると、決まって「まずはリーダーウォークをしなさい。ボスが誰かを犬に分からせないと、犬がボスになって、神経質かつ凶暴になってしまうから」と僭越ながら指導させて頂いております。

逆に、飼い主が犬にとって明確なボスであれば、犬は何のトラブルも起こさない温厚な性格になりますよ、と。

これ、まるっきりリックとダリルなんですよね。

ま、それだけなんですが、

というわけで、ニーガンにどうやって復讐を果たすのか期待しながら、今日はこの辺で。

 

<姉妹ブログ>

『ゲームセンターCX』は浅い。

須藤凛々花は良くてなぜベッキーはダメだったのか

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

映画・ドラマ
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました