幼保無償化法案を閣議決定……って、おい!その前に保育所増やせよ!

政治・経済
スポンサーリンク

政府が幼保無償化法案を閣議決定 10月実施へ早期成立目指す @Sankei_newsさんから

このニュースに関して、残念ながら私独自の視点などは持ち合わせておらず、多くの方が指摘されているようなことしか書けません。すなわち、

その前に保育所増やせよ!

ということです。

ここでは過去に書いたことのリライトとともにメモのつもりで。

一体どんな計算したらそんな補助金の額に…?

近年話題になりましたが、東京板橋区の例では、0歳児を預ける保育料が平均で1万9000円程度なのに、そのコストは40万円以上かかることになっており、その差額である38万円以上は区民の税金から支払われます。

これ、小学生が見たっておかしいと分かりますね。
0歳児を預けて2万円弱で済む収入と言えば、月給で10万そこそこまででしょう。つまりこのママは、区民の税金38万を使って、2万円で子供を預け、自分は10万そこそこを稼ぐためにパートに出るわけです。

だったら、子供を自宅で面倒見て、自治体が15万円の現金を支給した方が、国・自治体にとってははるかに安上がり、子を持つ家庭の方も大助かりになるわけですが、なぜそうしないの?ということになりますね。その差額は?と言うと……。早い話、「子供のため」という名目で区民が負担しているカネは、子供を持つ家庭ではなく、保育所経営者のポケットに入って行ってるわけです。

岩盤規制はあなた達を食い物にしてる

こんなバカげたことを止めさせるには、まず厚生労働省と文部科学省で事業が分かれてしまっている保育所・幼稚園の一元化、いわゆる幼保一体化が必須になるわけですが、全く進む気配がありません。

その理由は、先述の通り、保育所経営には非常に大きな利権が伴っており、幼保一体化どころか、新規参入もなかなかできないように抵抗しているからと言われています。

問題の当事者たる未就学児は数年で交代していくので、親が声を上げるバイタリティーも長持ちしません。マスコミは、問題解決よりも視聴率ですから、問題を取り上げたとしても視聴者が飽きないレベルでしか報じません。ワイドショーは、保育所問題よりもモリカケ事件みたいなネタを欲しがっています。

特に加計問題の際、ワイドショーはにわかに「潔癖症」になり、安倍総理のイレギュラーな振る舞いを批難するため血道を上げていましたが、「岩盤規制をどう破壊するか」という本来国民にとってはるかに大事な問題を完全にスルーしていました。意図してのことなのか、バカな国民の趣味がたまたま合ってしまったのか分かりませんが、ワイドショーは既得権益の味方だったわけです。当然、保育所利権の破壊も獣医師会同様か、それ以上の苦難でしょう。

声を上げるべき若者の絶対数が少ない

ということでこの閣議決定、保育所に入れた子供と入れなかった子供の格差が広がるだけで、社会のためにはなりません。どういう意図のあるものなのか、現時点では私には分かりません。とにもかくにも、今の日本にとって最も大きな課題は少子化対策であるはずなのですが、肝心の若者が少ない上に、その中で結婚するカップルも減ってきています。

年寄りはイメージ先行で深く考えませんから、「保育所改革」なんて言葉を聞いただけで「そんなことやる前にワシらの老後を!」なんて思っちゃうかもしれません。本来、年寄りの世話に回るためのカネも保育所経営者のポケットに入ってるかもしれないのに、です。

未婚の人も含めて、若者がSNSでも何でも使って声を上げていくしかないでしょう。

賛同できたら押しましょう↓
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

政治・経済 育児・教育
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました