立憲民主党を支持する理由。

政治・経済
スポンサーリンク

政党別の論評ですが、立憲民主党に至ってはこうやってキーボードを打つのもアホらしく感じてしまいます。 それでも一定数支持者がいるんで書かないといけませんね。

さて………どこからいきます?

スポンサーリンク

蓮舫氏のツイート

はい、蓮舫さん。

イソジンと雨合羽の【何が】おかしかったのか説明しましょうね。

雨合羽は理に適っている

まず雨合羽ですが、飛沫が主たる感染ルートとされる新型コロナウィルスに感染した、あるいは感染疑いのある患者に対応する際、その飛沫接触を防ぐために医療用防護服が必要になります。しかし、あまりに感染者が多いと、基本的に使い捨てである専用防護服はあっという間に不足に陥ります。とりあえず飛沫を通さない材質で全身を覆えれば良いわけですから、雨合羽が代用品として使えます。で、それを譲ってくれる人を募集したらたくさんの雨合羽が集まり、結果としてはかなり余った、と。

もう一度聞きますよ。蓮舫さんでも他の立憲民主党党員さんでもかまいません。

雨合羽の何がおかしかったというのですか?

イソジンはコロナ予防に極めて有効である

次、イソジン。

当ブログの愛読者には説明は要らないと思いますが、一見さんのために説明しておきます。

イソジンはコロナ感染予防には極めて有効。なぜなら、口の中のコロナウィルスを不活化するからです。

他の風邪病原体もそうなんですが、特にコロナウィルスは口腔内で増殖しやすいとされています。イソジンはかなり強力な消毒・殺ウィルス作用があるので、コロナ感染者であっても、イソジン嗽実施後はほぼゼロになるものと考えられます。イソジン嗽後しばらくの間は、PCRが反応しないことからもその有効性が推察できます。

口の中だけ綺麗にしていても意味がない?いいえ、口の中のウィルスが肺に侵入することで肺炎を起こすのですから、物凄く意味のあることです。何より、身体全体で考えても、主たる生産工場を叩いておくと症状の進み方が大きく減退すると考えるのが自然でしょう。

また、人に感染させるのもその源泉のほとんどは口腔内のウィルスでしょうから、口腔衛生を保っておくことは極めて重要です。元々100あったウィルスが元に戻るまでにどれほどの時間がかかるか分かりませんが、どのみちコロナはゼロにはならず、感染確率を減らすことこそが肝要です。

はい、イソジンの何がおかしかったのですか?言うてみ?

 

情けないのはね、「イソジン」「雨合羽」って、素人のツイッター民が維新叩きのために使い出したアイコン的キーワードなのですよ。そして上記の通り、叩く根拠なんて微塵もないのです。

それを、仮にもかつて政権を担ったこともある議員が、維新を叩きたい一心で、プライドも論理もかなぐり捨てて拝借している様は、日本政治の地獄ですよ。

ついでに書くと、蓮舫さんと言えば、批判される際に「2位じゃダメなんですか?」というあのフレーズが使われることが多いですね。でも私は、当時からこの発言を擁護していたんです。行政改革をする上で、たとえ当たり前だと思われることであっても根本から問い直すという作業は必要で、「2位じゃダメなのか」という確認も物凄く当たり前のことなのです。もちろん、私は皆が民主党に投票する中、私は民主党なんぞには投票しませんでしたし、蓮舫氏も大嫌いでしたが、そこは是々非々。常々「誰が言ったかより何を言ったか」を重視すると言っております。

「イソジン」「雨合羽」を使って吉村知事をするのは、その全く正反対の行為です。

恥を知りなさい。

福山哲郎氏の演説

失礼ながら大阪の政党、国会で議員が凄い質問したって名前だれかでてきますか?失言はでてくるけど。ダメなんですよ。大阪の政党の代表の人「自民党をピリッとさせる」と。ピリッとってなんやねん、それと。わけわからんでしょ、意味わからんでしょ。

そんな生半可のこと言うから、野党か与党か分からんのですよ。京都に(大阪の)知事や市長が来て、平日の朝から夜まで延々と演説してるんですよ。『大阪の改革を京都から、大阪の改革を京都から』て。平日に公務をサボって選挙運動。

テレビや全国に選挙応援行く暇あったら、ちゃんと大阪府民、市民のために仕事しろと言いたい。何が身を切る改革だ、自分に一番甘いじゃないか。大阪の知事が京都市役所前で、京都市の財政悪化うんたらかんたらと演説してて、ビックリした。非常識でしょ。京都のことは京都で決めましょうよ。

福山哲郎氏の演説抜粋です。

野党のせいで自民がダメになってる

「自民党をピリッとさせる」のが「わけわからん」のだそうです。あー、れいわ新選組の大石あきこ議員も維新叩きの際に「わけわからん」のフレーズ使ってましたね。どこか共通点を感じます。

「ピリッとさせる」の意味が分からない人にこれ以上の説明はできないのでシカトするとして、今の岸田政権があれだけやりたい放題……じゃなくて、やらない放題に何もやらないのは、アンタら野党第一党が仕事をしないからでしょうが!!国民がどんな状態か分かってるのか?維新叩いてる場合か!

 

野党は野党らしく?

「野党か与党か分からんのですよ」

私には、あなた方が何のために議員をやっているのか分かりません。維新はずーーーっと前から「是々非々」という理念に基づいて政策論を唱えています。どの政党であろうが、良い政策は良いと、悪い政策は悪いと評価する。立憲民主党のように、政策には何の興味もなく、「自民党がカラスが黒いと言えば、うちはカラスは白いと言う」なんて言うアホなマネはしないのですよ。

「野党は野党らしく、何が何でも自民党を罵倒せよ」なんていう立憲民主党はもう急速に飽きられてきていることに気づいて、早々に政界からご退場頂きたい。

 

首長が応援したから何?

地方自治体の首長が演説することによって、自分の仕事が疎かになりましたか?中にそんな首長だっているでしょうが、松井市長や吉村知事がそうだったとでも?そんなこと言い出したら、そもそも維新叩きはアンタらの仕事か?って話になりますよ。

そもそも維新の議員は(多少の例外はあるにしても)、自民党や立憲民主党と違って、国民・住民のためのために政治家をしています。今、維新の国会議員を増やすことは日本人にとって大きな利益になると確信しているから活動しているのですよ。

五十嵐えり氏のツイート

この方はもう自分で何を仰っているのかも分かっていません。二重行政だから大阪市長要らないよね、という発想から大阪都構想を提案したのが維新で、それに反対したのがキサ……じゃなくてあなた方です。

福山さんが、京都に大阪府知事・大阪市長が来ることを批判したかと思えば、立憲民主党はどういうわけか都議会議員が大阪に口を出す。はて?

御大・菅直人氏の“維新研究”

なぜここまで稚拙な発言ができてしまうかというと、立憲民主党内で「維新叩き」の号令が出ているからですね。

元首相である維新叩きの実質的リーダー・菅直人氏が老体に鞭を打って張り切っておられます。

皆さんもうお忘れかもしれませんが、

菅氏が、すでに維新とは無関係の橋下徹氏を取り上げて「ヒトラーを思い起こす」と評し、ちょっとした騒ぎになったのは今年の話です。「ヒトラー」とは便利な言葉で、とにかく批判したいけど明確な根拠が示せない場合は「まるでヒトラーだ!」と言っておけば良い。

演説がヒトラーだ!チョビ髭がヒトラーだ!七三分けがヒトラーだ!目の下に鼻があるからヒトラーだ!

皆さんご存知かと思いますが、特にヨーロッパでヒトラーと言う形容は、かなり反則に近い行為です。相当覚悟を決めた上でやらないといけません。

……というか。

古いわ!!

橋下さんや安倍さんが現役の頃、どれだけヒトラー呼ばわりされたか知らんのですか。今頃になって、まるで自分のオリジナルのようなツラして何を仰ってるんでしょうか。こういうただの罵倒を「維新研究」などと称しているのですからどうしようもありません。

 

もう役目を終えた立憲民主党

立憲民主党と言えば、少なくともこれまでは野党第一党。その仕事は、
とにかく、何が何でも、与党に反対すること。

自党にはこれといった政治ポリシーも具体的な政策論もなく、無理やり敵を作り上げて批判することによってアイデンティティーを確立する政党です。

維新・足立康史議員いわく、自公と立民+その他の左派政党の対立はプロレスで、戦っているように見せかけて、各々重要な仕事はせず、固定客を満足させて自分たちの地位を維持してきたと。全くその通りだと思います。福山氏が「野党は野党らしく」なんて言うのも当然です。安全を確保した上でブレーンバスターなどいかにも危険に見える派手な技の応酬を繰り広げるのが、彼らの思うしかるべき与野党の関係ですから。こういう政党に維新の「是々非々」という理念は生まれ変わっても分からないでしょう。

ところがこの岸田政権では、かつての森友学園、加計学園、桜を見る会、学術会議のような、分かりやすい噛み付きしろを出してくれません。そして気づけば、支持率ベースで維新が野党第一党に!

よーーし、お前ら!これからは維新叩きだ!地域は関係ない、我が党一丸となって維新批判をするぞーっ!

ってなもんでしょう。

しかし、そういう野党のあり方もいくら何でももう終わりでしょう。

政界に保守vsリベラルの構図なんてない

これまた私が常々主張していることなのですが、日本の政界に「右vs左」とか「保守vsリベラル」という対立構造なんてないんですよ。自民はなんとなく保守っぽいこと、立民はなんとなくリベラルっぽいことを言ってるような気がしますが、自民はいつまで経っても改憲する気配もなければ終戦記念日に靖国参拝をするわけでもありません。立民は自民の総理が改革しようとしたら邪魔しようとします。そして皆さんよくご存じのように、立民なんかが言う「多様性」は立民が認めたものに限ります。

日本の政界にある対立は、
「政治を進めようとする勢力vsそれを邪魔する勢力」
なのです。

安倍元首相は経済面では金融緩和、産業では規制緩和を推し進めようとし、外交では日本史上なかったほどに存在感を高めました。しかしその最長記録を作った任期の間、反対勢力からは鬼畜のように言われてましたね。菅政権は、学術会議にメスを入れ、ハンコ廃止、携帯電話の価格破壊など、派手さはないけど手の付けにくいところに手を付けてできる限りの改革をやろうとしました。しかしどういうわけか支持率はどんどん落ちる。不思議ですね。

一方、
「聞く力があります。何もしませんけど」
「十分な検討をします。何もしませんけど」
でお馴染みの岸田政権は、な~~~んにもしないおかげで高支持率を維持してきました。(さすがに国民もおかしいと気づいたようで、選挙直前になって相当な勢いで落ち始めているようですが)

そして特定野党は、何もしない岸田政権ではなく、まさに改革を進めようとする維新叩きに向けて一致団結。

 

さてさて、貴方が立憲民主党を支持する理由って何ですか?

「維新だいきらーい!」以外に、彼らに何か政策論があるのですか?

維新は「自民党の補完政党」「与党でもなく野党でもなく“ゆ党”」などと揶揄され、後者のフレーズはいまだに立民幹部である福山氏が使っているわけですが、本当の自民党補完政党は立憲民主党です。そして、その構図も今音を立てて崩壊しようとしているわけですよ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました