【新型コロナ】子供の自殺者増加。犯人は?

医療・健康
スポンサーリンク

ついに!コロナで子供の自殺者増加

いつもこの時期は忙しくてブログを書く時間が取れなかったのですが、久しぶりに投稿。そして新コロ通信です。

まず何よりもこのニュース。

今年の4月から10月までに、小中学生と高校生の自殺者が例年の20~30%増加している、とのこと。

さてさて「人災としてのコロナ」によって、起きてはならないことがすでに起き始めているわけですよ。成人若年層の自殺者増加も深刻ですが、子供の自殺はさらにあってはならないことです。

その原因は言うまでもなく、「コロナ怖い」「コロナを撲滅せよ」というコロナ恐怖症とそれを煽り続けたマスコミです。

 

かねてより当ブログで主張しているように、「新型コロナ感染症による死亡」が百歩譲って本当だとして、その平均年齢は平均寿命と大して変わりません。平均寿命を基準に考えるなら、たとえ2000人の人が亡くなっていたとしても「失われた寿命」はゼロに近いのです。

ところがこれが子供だと話はまるで違ってきます。

平均寿命を85歳だとすると、15歳の子供が亡くなったら、70年分、実に還暦+10年分の寿命を失ったことになるのです。

我々が日々テレビから得る情報は、「人」という単位でしかありませんが、そこには年齢という重要な情報が欠落しているのです。

 

子供と年寄りの命は等価なのか?

年寄りなら死んでも良いというのか!同じ命ではないか!

同じ命であるわけがありません。平均寿命近くの老人と、まだ働ける私を一緒にしてほしくないし、10代の子供も私のようなおっさんと一緒に扱われるべきではありません。別にこれは、私が敬老の精神を持っていないとかそんな話ではありません。それはそれ、これはこれ。命の重さを天秤にかけた時に、若者の方が重いという価値観は、私にとっては当然のことで、これに共感できないとしたらもはや感覚の問題、持っている道徳心の問題と言うことでしょうから、何も言うことはありません。

私はお年寄りに席を譲りますが、お年寄りのために子供を犠牲にするなんて考え方は全く持ち合わせていません。

 

子供が経済苦で自殺する?

小学生が経済的事由から自殺に至るということはちょっと考えられません。が、親の困窮が家庭の雰囲気を悪くして子供の精神状態を悪化させるということは大いにあり得る話です。子供だけでなく、今年の自殺者数は特に女性が格段に増えているのですが、子供にしろ女性にしろ、成人男性に比べると感受性が強いので、社会や家庭の雰囲気に強く影響されると考えられます。

いじめや経済苦といった分かりやすい原因と違って、世の中の暗鬱な雰囲気は音もなく女性や子供たちに忍び寄り、その命を奪っていくわけですよ。

 

自殺者増はここからが本番

さて、ここからは成人男性が自殺する段階に入ります。

高橋洋一氏によると、「このままだと来年6000人自殺者が増えることになる」とのことですが、この予想もまだ甘いかもしれません。「人災コロナ」が怖いのは、一旦経済を負のスパイラルに陥らせると、「感染症コロナ」が続こうが終息しようが関係なく、その亡霊によって国民が殺され続けることになるという点です。

これを阻止できるかどうかは、政治とマスコミの振る舞いにかかっています。本来なら、マスコミがどうあれ国民が流されなければ良いだけの話なのですが、残念ながらそんなことは絵空事でしかありません。

 

いいからもうアホな「予防策」はやめろ

「2mのバトン」を使ってリレーをするある小学校の運動会が話題になりました。それ以前に同様のネタを書いていた「虚構新聞」は、ネタが現実になったため「誤報」として謝罪(笑)する羽目に。

いやーもうバカバカしい。

あるピアノ教室では、どういうわけか「時短レッスン」で、1時間のところを30分に、30分のところを20分で実施しています。

あのね、百歩譲って居酒屋が時短営業するというのはまだ、まだですよ?まだちょっとは分かる。でも、1対1のピアノのレッスンを時短にして、何がどうなるというのですか?1時間を30分にすると感染確率が半分になるとでも思っているのでしょうか?どうせマスクして手もピアノも消毒してレッスンを行うんでしょう?それを、時間を半分にしたからと言って、どういう理屈で感染確率が小さくなると思ったんですか?仮に1時間やることで感染確率が上がると思うのなら、30分経った時点で消毒し直したらどうですか?

感染確率を減らそうと思うのなら、接触する人数を減らす必要があります。つまり、1週間に20人の生徒がいるなら、10人ずつに分けて隔週にする。これなら確率は半分になります。が、1人のレッスン時間を減らしたところで何の意味もないのですよ。

 

子供が死んでメシがうまいか?

さて、コロナを煽り続けてきたマスコミの皆さん、その煽りにまんまとハマってコロナ恐怖症に陥った一般大衆の皆さん。子供が自殺し始めていますが、これで良かったと思いますか?あなた方の啓蒙は正しかったと言えますか?このニュースを聞いて、ご飯が美味しく食べられますか?

私はあなた方を心から軽蔑します。

 

「子供を心配してこそ」?

「うちには小さな子供がいるので心配で」などといまだに言う親御さんがいます。

しつこいようですが、新型コロナで、いまだにただの1人も未成年の死亡者はいません。

「小さな子供がいて心配」なのは本当でしょう。そこだけを見ると子供への愛情の表れであり、美しくも見えます。

が、だったらもっと正しい情報を得る努力をなぜしないのですか?

「無知であること」そのものは罪ではありませんが、「知ろうとしないこと」は罪です。

その怠惰が周りの人を誤った方向に導くわけですからね。

そして個々の怠惰が集合すると、「マスコミにコントロールされる愚民」となり、果ては子供の自殺者増加なんていう痛ましい事象を生み出してしまうわけです。

しかしながら、そういう怠惰な人間は、その痛ましい事象の原因の一端を自分が担っているという自覚もなく、このニュースを聞いて「なんて酷い。コロナは早く終息してほしい」なんて言うんでしょうね。

 

改めて、子供を解放してやれ

何度でも言いますが、新型コロナで亡くなっているのは老人ばかりです。しかも厚労省基準では、「新型コロナウィルスが検出された」と言うだけで「新型コロナ死亡者」にカウントされてしまう、所謂「関連死」ですらない数字もかなり含まれています。

「小さな子供がいるから心配」

という認識は、マスコミに騙されている証拠です。これには、いまだ未成年では1人も死んでおらず、重症者でも1人しかいないという客観的な根拠があります。

それでも心配と言う人は、去年まで、「インフルエンザが心配で外に出られない」となっていたはずですが、どうですか?新型コロナで子供の死亡者はいませんが、インフルは毎年子供を二桁殺す超凶悪病原体ですよ?

まともな判断力を伴わない「子供を守りたい」という意識は、子供を「運動」という極めて重要な習慣から遠ざけて肉体を衰えさせ、多感な脳に暗鬱な空気を共感させて精神を侵し、結局のところ免疫力を低下させたり、自殺に追い込んだりするだけです。

 

ほんまええ加減にせえよ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました