おもちゃを放さない犬の対処法

スポンサーリンク

おもちゃを放さない犬の対処法

ちょいちょい見かけますが、一度おもちゃや木の実などを口に咥えてしまうと、人や別の犬が近づくと唸り、ヘタすると攻撃してしまう犬がいます。
犬が近づいて唸るくらいはまあ良いとしましょう。それも犬の社会性のあるべき姿と言えばそうです。

問題は、「飼い主すら取り戻せない」って犬が結構いることです。

飼い主すら取り戻せない=誰も取り戻せないってことですよね。

で、取り戻せないってことは、取り戻そうとすると飼い主ですら噛みつかれる恐れがあるということ。

これって怖いことじゃないですか?

「うちの〇〇ちゃんはいつもこうなんです」

って、いや、それじゃだめだろうと。

じゃあ、この場合の対処法はって言うと、

「基本的にない」

んですよね。

もちろん、私がその犬を預かることになったら何とかしますよ。

でも、その飼主のままならもう無理です。それができるような飼い主なら、そもそも飼い主に噛み付くような犬にはなりませんから。
犬をむやみに怖がったり、「尊重」したり、「犬ってそういうもの」と思い込んでしまっているんでしょうね。

ソファーを譲らない犬の場合

あくまで「私がその犬を引き取ることになったら」って話であって、そもそも引き取る事情があるかどうかですが、そりゃよほどのことでないと犬を引き取ったりしませんよ。犬を飼うって大変なことですし、特にしつけのできていない成犬の【しつけのやり直し】は、かつてちょっと話題になったNHK『プロフェッショナル仕事の流儀・ワンちゃんスペシャル』でもやっていたように、相当な危険を伴う重労働です。

って、もうすでにうちでは2匹保護して、うち1匹はしつけができていないまま成犬になったアホ犬でしたけどね。

このアホ犬の場合、典型的な権勢症候群と神経質な性格で、飼い主を含めた家族をかなりの重傷を負わせるほど噛んだこともあります。それをある事情でうちで引き取ることになったのです。

こいつがソファで寝ている時、そのソファに近づくだけで、誰であろうと「ウ~~ッ」と唸り始め、ヘタをすると噛み付いてきます

当たり前ですが、私はそんなことは絶対に許しません。
具体的な方法は以下の通り。

ソファーに座っている犬に近づく。

犬が唸る。

稲妻の速さで犬の頬の毛を掴んでその場に押し付け、1ミリも動けなくする。

顔を近づけ(密着させてもいい)、「誰が家賃払てると思とんのじゃい」と迫る。

これでOKです。

「稲妻の速さ」とは1秒以内と思って下さい。相手に考えさせたり構えさせたりする時間を与えないように。唸る→尊厳が打ち砕かれる、という原因と結果を犬の頭に植え付けるわけです。

顔を掴んだ際、多少の痛みを伴うくらいの強さにしましょう。同時に、口元を軽く叩くと効果的です。「ヒ~ン」などと悲鳴を上げれば、それは降参の合図。そのまま仰向けにして、「二度目はないぞ」とお説教して終わり。

虐待?いやいや、これ以外に方法があるならそうしますし、そもそも犬をこんな風にしてしまったことが虐待なんですよ。

うちの先住犬は、子供の頃から触られることに慣れているので、私がソファーにそのまま座ろうとしても、唸らない代わりにどきもしませんよ。もちろん「どけ」と一言言えばすぐどいてくれますが。

寝てる時に体に触りまくっても(←ストレスになるから、あまりやらないようにね)体に全く力が入りません。目すら開けません。ギリギリまでリラックス状態を解こうとしないのです。逆に言うと、あつかましいまでにのびのびしてるんですよ。

こんな感じに犬がのびのびできるのは、「飼い主が怖い」けど「悪いとされていることさえしなければ何してもいい」と言うのが頭に入ってるからです。

いいからさっさと「おもちゃを放さない犬」の対処法を教えろよ

犬の体格、症状の度合によって違いますが、相当難しい場合があります。
基本的にはソファーを譲らない犬と同様のやり方です。

…ですが、もしその犬を飼い続けるのであれば、対症療法的なやり方の前に、根本から「しかるべきしつけ」をやり直します。

でもどうしてもその場の対処法を教えてほしいという方向けに一応書いておきましょう。

犬がおもちゃを加えてますね。

「出せ」(←決まった言葉なら何でもいいです)

出しません。ちょっと大きな声でもう一度、

「出せ!」

それでも株は…いや、おもちゃを出しません。さらに大きな声で、

「出せ!!!」

出しませんよね。ハイ、ここでコピペ!!

稲妻の速さで犬の頬の毛を掴んでその場に押し付け、1ミリも動けなくする。

その上で、
「そのおもちゃ誰が買うたと思とんのじゃい!!」

まあ、あまりオススメはできません。噛まれる可能性も高いし。もし人のおもちゃを取ってしまったのなら、そのおもちゃを弾く感じでビンタでしょうかね。

何にせよ、犬をそういう風に育ててしまった飼い主の責任です。

じゃあその「しかるべきしつけ」って何よ?
と思われた貴方、知の小人ブログ旧館の方に詰め込んであるので、是非読んでみてください。
いずれ犬ネタは新館の方へ統合するつもりではいるんですが。

知の小人ブログ
政治、経済、ジェンダー論、IT、科学、ゲーム、書籍、ITなどについて広く、なるべく深く語ります。


!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);

小ライスのツイッター
https://twitter.com/shorice_hitotsu

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました