犬もサルもレイプ犯も、女性の「動き」を見ている?

ジェンダー
スポンサーリンク

レイプ犯は女性の歩き方を見ている?

先日、武田鉄矢さんのラジオを聴いていたら、『ナンパを科学する』という本が紹介されていて、そこには「レイプ犯は女性の歩き方を見ている」というようなことが書かれているらしいです。私はまだ読んでいないので、「らしいです」なんですが。

いわく、「歩き方がおかしい女性」をレイプ犯は好むんだとか。

読んでもないのに無責任なことは言えないんですが、これだけの情報から推測するに、

1.歩き方がおかしい→運動能力が低そう→レイプが成功しやすい

2.歩き方がおかしい→女性らしい→単純に異性として好ましい

のどちらかってことなんですかね。

ニホンザルも動きで人間の男女を区別している

これで思い出したのは、かつてのテレビ番組『動物奇想天外』(だったと思う)で、「なぜニホンザルは女性ばかりを襲うのか」というテーマを扱った企画です。

結果、ニホンザルは、女性の匂いでもなく体格でもなく声でもなく、「しぐさ」を見ているんだそうです。要するに、性別の区別のつかないただの人形であっても、それに女性らしい動きをさせれば女性と分かるということですね。うちまた気味で歩き、不穏な動きや声を察知すると後ずさりする。これを見てサルは女性だと判断して、荷物を奪い取ろうとするわけです。

今は保護のためほとんどいなくなりましたが、大阪の箕面公園もかつてはニホンザルで溢れかえっており、遊びに行けばあちこちで女性の悲鳴が響いていました。たしかに男性が襲われることはまずありません。

実は私も個人的に実験してみたことがあるんです。男性が襲われることはほとんどありませんが、目が合うとちゃんと威嚇はしてくるんです。その際、普通の人なら速やかにその場をサル…いや、去るのですが、いくら凶暴なニホンザルとはいえ、自分の何倍もの体格の相手と本気でやり合おうとするのか?と疑問に思ったんですね。ということで、わざと目を合わせ威嚇させた後にこちらから近づいて行く、ということをやってみたんです。ちょっと怖かったですけどね。するとニホンザルはそそくさと逃げていきました。ニホンザルは、相手が戦う意思があるかどうかをちゃんと見極めてるんですね。

実際、同じ女性でもお茶屋のおばちゃんが外に出てら一目散に逃げていきます。お茶屋のおばちゃんは歩く速度も歩幅も違います。シルエット見ただけではオッサンです。しかもホウキを持っています。「やったるぞ、こら」という姿勢であり、冷静に考えてニホンザルが勝てる相手ではないのです。

犬だってそうじゃないの?

これ、さらに犬にも通じると思うんですね。
私がかねてから「女性が犬のボスになるのは無理」と言ってるのは、体格・身体能力のことももちろんあるんですが、何より中身がまるで違うからです。

例えば、公園から帰る時に、犬に対して「そろそろ帰ろ?ねえ、帰らないの?」とお伺いをたてるのは女性。どうしても帰らないとゴネる犬を抱っこして連れて帰るのも女性。

男性の場合は「帰るぞ」なんです。

女性は優しさや「共感力」が滲み出てしまって、男性とは言動が全く違うんですね。となると、動き方も当然違うわけで、観察力の高い犬はしっかりそれを見抜いているはずです。

だから同じ初対面の人間であっても、女性には近づくけど男性には警戒するという犬は結構多いんですよね。

話がどんどんずれていくし、これからパーティーなので、今日はこの辺でやめておきます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 性・ジェンダーへ
にほんブログ村

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

ジェンダー
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました