【巨乳献血ポスター論争】まずは碧志摩メグと駅乃みちかを振り返ってみよう

宇崎ちゃん ジェンダー
スポンサーリンク

今更ながら碧志摩メグと駅乃みちかについて

日本赤十字社の献血ポスターに巨乳の萌え絵(宇崎ちゃん)が使われた件について、ブログの過去ログから引用しようと思ったら、前のブログに置いたままだったので、リライトします。

書いたのは「碧志摩メグ」と「駅乃みちか」について。
3年近く前のことで、今となっては昔の話ですね。

この2人のキャラクターが公の場に出るのは是か非かという論争だったのですが、私の立場は「非」です。「非」とする人はたくさんいるんですが、皆その理由をちゃんと説明してないので、私が説明しました。

さて、まずは重県志摩市が公認した海女さんモチーフのマスコットキャラ「碧志摩メグ」です。

碧志摩メグ

碧志摩メグのNGポイント

  1. 髪を束ねない海女さんなどいない
  2. 髪に直接ゴーグルを着用する海女さんなどいない
  3. おっぱいのラインがそのまま出たり、乳首が透けたりする服も着ない(海から上がった直後ならともかく、少なくとも乾いた状態ではあり得ない)
  4. 「膝を着いて、軽く股を開き、あごを引いて、頬を赤らめて、上目遣い」のポーズはソープ嬢のそれである(「AV ソープ パッケージ」でググれば分かります)

次に、東京メトロの非公式マスコット「駅乃みちか」。あまりに卑猥と猛批判を食らって修正したものが右です。

駅乃みちか

駅乃みちかのNGポイント

  1. ・なぜか困り顔で、
  2. ・頬に手をあて、
  3. ・体をくねらせ、
  4. ・スカート透け透けでパンツも太ももも丸見え

「エロくないからいいだろ」と「エロくてもいいだろ」

この手の萌え絵に反発する人たちに反発する人たち、つまり肯定派には、
「おっぱいも性器も見えてないのにどこがエロいんだ!そういう目で見てみるお前こそ変態ではないか!」
という多数派と
「エロくたって良いじゃないか!」
という少数に分かれていて、同じ肯定派なのに相反することを主張していることが議論を成立しにくくしているわけですよ。

後者はかなりの少数派ですが、こちらはまだ分かりやすいんです。
「エロを持ち込むべきか否か」「表現の自由」に的を絞って議論ができます。

卑怯で面倒くさいのは「どこがエロいんだ!」という前者。まずはこちらから語りましょう。

「どこがエロいんだ!」派のめちゃくちゃな論法

碧志摩メグ、駅乃みちかについては、「それがわざわざエロく描かれている」ことは説明した通り。当方生まれついて身も心もエロい男であるわけですが、その私から見てこの2人は、これから性的なもてなしをする女性としか映りません。

ツイッターだったか、駅乃みちかについては、「私はカメラをやっているが、あの透け方は物理的に理に適っている」なんて人までいました。それ、盗撮用の赤外線カメラだろ、と。私もカメラをやっていますが、駅員の制服に使われるようなタイトスカート生地がこれだけ見事に透けるとなると、強烈な逆光が必要です。そうなると顔なんか飛んでしまって目も口も分からない状態になります。この人の言うカメラは趣味の盗撮用赤外線カメラのことでしょう。

その証拠に、「駅員 女性 制服」でググってみれば良いんです。下着や太ももが透ける画像なんて1枚たりとも出てきませんから。

つまり、肯定派はこうやって理性を失うほど屁理屈を並べ立てるわけです。

あなたと合体したい……気持ちいい~~!

10年以上前の話ですが、若い女性が「あなたと合体したい……気持ちイイ~~~!!」と叫ぶアニメのパチンコCMがありました。これが深夜とかではなく“普通の時間”に放送されていたんです。

これについて、ある質問掲示板で、「このような下品なCMをどう思いますか」という否定的な意見がありました。賛同する人が多数でしたが、中には、
「これは創聖のアクエリオンというアニメ作品で、劇中に出てくるセリフです。知りもしないので勝手なことを言わないでください」
というこの作品のファンと思しき人の回答もありました。

これなんですよ。

どういう訳か「こういう作品だから」がエクスキューズになってしまうのです。どういう訳か、元々こういう作品でさえあれば「エロくない」ということにされちゃうんですね。

彼らがやっていることは、猥褻なものと猥褻でないものの境界線が明確に引けないことを良いことに、自分たちの趣味を押し付けているだけなのです。

週刊誌の吊り広告や下着の広告はどうなんだ!

これも肯定派定番の言い分です。
下着の広告は「下着の広告が」目的です。当たり前ですね。必然的に下着もその周辺の肌も見せることになります。碧志摩メグや駅乃みちかのエロは必然でしょうか。いや、そもそも下着広告はエロいのでしょうか。

ここで、定量化し難い評価基準である「品」が問題になります

下着広告を「下品」と思う人がどれほどいるかという話なんですよ。下着広告と駅乃みちか、どっちが下品かという話になると、肯定派は「下着なんて見せてない駅乃みちかよりパンツ丸出しの下着広告の方が下品に決まってるだろ」と主張するわけです。「主観の問題だ」ということにして。たしかに、中にはエロいと思える下着広告もありますが、それでも必然ではあります。

この理屈だと、碧志摩メグも、駅乃みちかも、アダルトビデオも、サンバダンスも、性教育の教科書も、全てが同じ土俵に上げられてしまうことになるんです。

もちろん良識ある大人は、碧志摩メグや駅乃みちかの「必然性のないエロ」の方を下品だと思うでしょう。

続きます。
https://chinokobito.net/archives/1175

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

ジェンダー ニュース 文化
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました