タトゥーは○○と○○の欠如の象徴

文化
スポンサーリンク

騒動になっているタトゥー問題 入れた人の9割が後悔との調査結果も #ldnews

りゅうちぇるのタトゥー騒動について

まず私は、これがファッションじゃないなら、なぜ家族の名前を体に彫るのかが全くわからないんですよ。

ひとつには、結婚指輪なんかと同様、愛を誓うためということが考えられます。だとしたら、一般的には多少共感もされるのかもしれません。

しかし私は、結婚式だとか結婚指輪だといった儀式的なものにも全く興味がないため、ただ婚姻届にサインしただけで結婚しました。

牧師の前で神に永遠の愛を誓ったところで、離婚する人はいっぱいいるんだから、なんとも値打ちのない神様です。

指輪だって、そういうのを身につけること自体が大嫌いだし、結婚指輪してても浮気するヤツはしますからね。

仮に結婚指輪になにかしらの効果があるとしても、外せば意味ないじゃん、と。「おっと、指輪は装備しないと意味がないぜ」ですよ。

まさか体に刺青彫っておかないと家族の名前を忘れるってわけはないですよね?

その彫った刺青をインスタグラムにアップしてるところを見ると、どうやら人に見せることに意味があるのかな、と。

これも私には分かりませんが、浜崎あゆみや矢沢永吉のファンって、ただファンでいるだけではなく、車を装飾して不特定多数の人間にそれを認知させたがる壁があるようで、それと似たようなものかもしれません。

 

ヤンキー文化とは何ぞや

いずれにせよ、こういう慣習って「ヤンキー文化」であるとは言えると思います。

ヤンキー文化とは何か。

(1)一般社会のルールは積極的に破る

(2)そのくせ、おかしな内規がいろいろとあり、それを破った際の罰則がやけに厳しい

(3)若い頃は仲間を大事にし、ある程度齢を取ると家族をことさら大事にする(というパフォーマンスをする?)ようになる

(4)大事なのは「今その瞬間」「自分の周りの空間」であって、10年後の将来や社会全体を見通す目を持たない

(5)プライベートとパブリックの区別ができない

みたいな特徴が挙げられるでしょうか。

りゅうちぇるをこれに当てはめてみるとですね、

(1)社会に刺青禁止という明確なルールはありませんが、少なくとも日本社会では忌避される美的センスや常識的感覚があります。ついでに言うと、キラキラネームもそうですが、りゅうちぇるは子供に「リンク」という名前を付けています。

面白いのは、あらゆる選択肢を持つ自由な状態から、わざわざ子供にキラキラネームを付けては「名前で批判しないでほしい、中身を見てほしい」などと言い、わざわざ刺青を彫っては「まだまだタトゥーに偏見がある」などと嘆いていることです。わざわざやってるのに。

人種、性別、障害など、不可抗力的な要因によって差別されている人達はたくさんいるわけで、その人達とりゅうちぇるは感覚を共有できるでしょうか。「同じく被差別の立場である」と思えるでしょうか。

(2)内規と言うべきかどうかは分かりませんが、家族の名前を彫るのがお父さんから続いてるりゅうちぇる家の伝統だったようで。

(3)これは言うまでもありませんね。

(4)これ書くと長くなるんですが、というか過去にキラキラネームについて投稿していてそれがすでに長いんですが、子供に変な名前つける自由があったとしても、実際にその名前を呼ぶのって、圧倒的に他人なんですよ。例えば、太郎さんの名前は誰のものかというと、太郎さんではなく、その名を呼ぶ社会全体なんですよね。子供に恥ずかしい名前を付けたら、赤の他人までがその名を口から出さなくてはいけないわけです。

実在するかどうかは知りませんが、「ぴかちゅう君」という子がいたとして、その子を呼ぶのに躊躇するのが普通の人間の感覚ではないでしょうか。

現代日本人に、名を改めるという慣習も制度もありません。一度付けたら死ぬまでその名前と付き合わなくてはならないのです。親が子と一緒にいられるのはせいぜい20年ほどで、残りの60年はほとんど「血もつながらない他人から呼ばれる名前」なんですよ。

(5)つまり、プライベートとパブリックの区別ができない、と。

タトゥーは想像力と判断力の欠如の象徴

で、冒頭のリンクですが、この調査によればタトゥーを入れた人の9割が後悔している、と。

卑近な例ですが(この例はこの後に書く記事にも登場するんですが)、バツイチ養育費支払い中の男とデキ婚した若い女性。こともあろうに、子供の妊娠中に子犬を飼い始める。子供が生まれて間もなく夫のDVがシャレにならないレベルに。逃げるように離婚。犬は子供がいることによってストレスがたまっているようだと里子に。

普通の感覚の人が読めば「はぁぁぁ!?」な話でしょう。そしてこの若い女性もタトゥーを彫っていました。

SNSでは「何があっても前向きに!」などと投稿していて閉口します。

いいよなー、10年前のことは忘れて10年後のことは想像できない人って。「今を一生懸命生きる!」って、そういう能力のない人が言いがちなんですよね。

そしてこの女性もタトゥーを入れています。

要するに、タトゥーを入れる人って、その時の感覚、その時のテンションで行動してしまう人が多くて、それがその人だけ、あるいは夫婦だけの問題なら「どうぞご自由に」なんだけど、りゅうちぇるみたいに子供ができてそれを巻き込む必要はあるのかと、甚だ疑問に思っちゃうのですよ。

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

文化
スポンサーリンク
小ライスをフォローすると運気が上がるかもよ!
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました