もっとも間違いないのないアトピー治療とは。

塗り薬 医療・健康
スポンサーリンク

リアルで医療の話をしてて思い出したんですが、私はアレルギー持ちで、鼻炎・皮膚炎・気管支炎のいわゆる「アレルギーマーチ」を繰り返すことがあったんです。最近は齢を取って免疫も弱くなったせいか、さほど深刻な症状は出てませんけど、それでも冬場の就寝時には喘息の吸入薬が必須です。

今ではどうか知りませんが、アレルギーマーチの中でもアトピー性皮膚炎患者は、「情報をどう扱うか」という戦いを強いられていました。すなわち、「ステロイドは善か悪か」というあれです。

今検索してみたら、やっぱり現在でも「ステロイドを使わない治療」という主眼の治療法やそれを標榜する病院の情報なんかが出てきます。

ステロイド=絶対悪という考え方はどうやって生まれたか

副腎皮質ホルモンとは

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンという人間の体内で産生されるホルモンを化学的に合成した物質で、炎症を抑える働きがあります。自己産生する副腎皮質ホルモンだけでなく、外部から内服あるいは塗布という形で取り入れることによって、皮膚炎などの炎症が速やかに改善するわけです。

ステロイドの副作用

しかし、このステロイドも使い過ぎると、肥満、免疫力低下、骨粗鬆症、血栓症、そして自分で副腎皮質ホルモンを分泌しなくなる副腎不全など、割とやっかいな副作用が生じることがあります。

さて、ではアトピー性皮膚炎に使われるステロイド系塗り薬はどうかというと、実は副腎皮質そのものの機能が低下するほどの副作用というのはさほどの心配はありません。おそらく最強クラスの薬を毎日毎日何か月も使い続けても、そこまでの副作用は生じないはずです。

あ、後で詳しく書きますけど、それでも使い続けるのは絶対ダメですから。それはその手前でもっと怖い副作用があるからです。

副作用発症で患者は失望する

ではなんでステロイドが悪魔のように悪者にされたかと言うと、それは大いに人間の理性と感情によるものだと思うんですね。

アトピーと言う深刻な病気もステロイドを使うと瞬時にして治ってしまいます。が、それは今出ている症状を一時的に抑えるだけのもの。「これさえ塗っておけばアトピーは治ったのと同じこと」と考えてしまい、依存するようになります。「そろそろやめても良い頃か」と薬の使用を止めた途端、以前と全く同じか、むしろ以前よりひどい状態にまで症状が出てきます。これがいわゆる「リバウンド」。

すると患者の心理としては「騙された!」となるわけです。治ったと思った病気が以前と同じかそれよりひどい症状を持って復活した際の失望感と言ったらないでしょう。

これはそもそもステロイドを「治療薬」と見做すことによる過ちだと言えます。

アトピーは悪循環のアレルギー

3つのアレルギーの中でもアトピーが特殊なのは、「悪循環が生じやすい」という点にあります。鼻炎(花粉症)や気管支炎(喘息)は、アレルゲンを遠ざけて今の症状が治まるとそこで一旦休止されます。次に症状はまた出るとしても、前に出た症状とは関係が絶たれています。

ところがアトピーの場合、その症状は痒みとして表れ、患者は掻きむしってしまうことになります。そして一旦痒みが収まったとしても掻きむしったことによる皮膚へのダメージは残ったままであり、その傷そのものが痒みの原因になり、さらにバリア機能も低下しているため、アレルゲンやばい菌に晒されやすくなり、症状は前よりもひどくなりがちです。つまり、前回の症状が次の症状の度合いに関係してくるっちゅーわけです。

だったら悪循環を一旦断ち切ろう

となると、アトピー性皮膚炎において、まず何よりも重視すべきは、「一旦皮膚をきれいな状態に戻し、負のスパイラルを断ち切ること」となります。その目的において、ステロイドは極めて有効な薬剤なのですよ。

30年前より10年前、10年前より今日の方が、治療法は進歩しています。根本部分からのアレルギー治療法の成果もニュースとしてちょいちょい耳にしますが、実用にはまだ少し時間がかかるようで、いまだに「症状を抑える」より他に治療法がないのが現実のようです。

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

医療・健康
スポンサーリンク
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました