NHKをぶっ壊さなければならない理由

NHKをぶっ壊す NHK
スポンサーリンク

「契約の自由」の原則を無視

そもそもNHKとは何かと言うと、「公共放送」です。国営ではありません(ということになっている)し、純民営でもありません。寄付金のみで運営されていれば民営ということになるのでしょうが、NHKは放送法という法律を根拠に、テレビを持つ国民に契約を強制して受信料を徴収、その収入で運営されているので、民営とも言えないのです。

この受信料の仕組みは戦前の開局以来のものです。当時は、最新の技術による情報インフラの敷設という大義があり、かつテレビを買えるような人は間違いなく金持ちだったので、そのお金持ちから受信料を徴収することも一応理に適っていたのです。

が、それでも当時から税金で運営していれば、現在のような歪な姿にはなっていなかったでしょうが。

というのは、本来「契約」という行為は両者の自由意志に基づくというのが近代法の原則であり、今日のNHKはそれを無視して「契約を強制」しているのです。そして困ったことに、司法もこのやり方を支援しているのです。

この「契約の自由」は「日本人は日本語を使う」というくらいに当たり前すぎて憲法にも書かれていないため、「違憲だ」と主張することもできません。よくできています。

純国営にすれば受信料は半額以下になる?

NHKの受信料を税金にしてしまえば、契約もクソもありません。徴収漏れもあり得ず、司法に頼ることもまずありません。

…と書くと一見NHKにとっても良いことのように思えますが、違います

「受信契約」という形を採ることによって、契約や集金のために(チンピラまがいの)個人や企業に業務を委託します。未契約者のためにいろんな書類を作っては送ります。こういったムダを作り出すことによってNHKの事業規模は大きいまま維持されているのです。実際にそんなことをしているかどうかは知りませんが、裏金が動くエネルギーになります

さらにNHKには「NHKナンチャラ」という名の子会社・孫会社が無数に存在します。普通にNHKがやれば良い仕事も子会社・孫会社にやらせることによって、余計な中間マージンを取らせることができます。Jリーグから放送権を買うことすら間に子会社をかませていたりするのです。そうすることで、NHK職員は天下り先を確保できます。国民の血税に等しい受信料は、NHK職員が二重・三重に受け取る退職金に化けるわけですよ。

まあこのようなことは行政にもよくあることですが、NHKは形として行政から独立しているため、もっとのびのびとやれるわけですよ。

これだけ無駄なことをやって、かつ未契約者25%分の徴収漏れもあるにも関わらず、NHK職員はびっくりするような高給を貰っており(福利厚生を含めた実質給与は一般サラリーマンの3倍とも)、かつNHK全体でも毎年巨額の黒字を出し続けているのだから、大したもんです。

どれだけムダなことをやろうが、どれだけ徴収漏れがあろうが、NHKの中にいる人たちは頭もお腹も痛くなることはないのです。本来、収益が下がるはずの金額は、集金できる人たちに上乗せされて、馬鹿正直に受信料を払う人たちが負担しているわけです。となると、受信契約者がNHKの職員や委託業者の生活を世話している上に、受信料を払わずにNHKを見ている視聴者にも奢ってやっている、という構図が出来上がります。それでも貴方は、今のNHKのままで良いと思いますか?
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

 

【姉妹ブログ】

知の小人ブログ犬小屋ロゴlarge

世の中に流布するデタラメな犬のしつけ論を駆逐します。

 

知の小人ブログエンタメ館ロgolarge

ゲーム、映画、テレビ、お笑い、マンガなどはこちら。

NHK
スポンサーリンク
知の小人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました