【献血ポスター論争】「エロくたっていいじゃないか!」派の論拠

スポンサーリンク
宇崎ちゃん ジェンダー

「エロくたって良いじゃないか!」派の論拠

原理主義的な表現の自由の立場からすると、これもアリです。ただしこれは言わば「イデア」、つまりあり得ない理想なんですよ。

例えば、人を殺すことを芸術だと思っている人の“表現の自由”は認めるべきでしょうか。あるいは、地上波のゴールデンタイムに裏ビデオを放送する自由は認めるべきでしょうか。現実的にそんなものを認める訳にはいかないのです。

宇崎ちゃん

「人を殺すことを芸術だと思っている人の“表現の自由”」なんてあって良い訳ないだろ。お前は何を言ってるんだ!

などと思った人は、自分の知性を疑ってください。「自分にとっての“当たり前”については理屈は要らない」という論法は思考停止であり、他人に自分の価値観を押し付けていることになるんですよ。物事を突き詰めて考えるには、極論からその中間を考察するのが基本です。

なぜ今、津波の映像を放送する際に「今から津波の映像が流れます」と警告表示されるのでしょうか。それは、その表現によって傷つく人がいるからですよ。性質としては、人を殺すことと同じで、度合いが異なるだけです。こういった配慮を「要らない」とする人はさすがに少数派でしょう。

原理主義的な表現の自由論者は、そこまでの覚悟ができているのか?って言うと、よほどエキセントリックな人でない限り、そうではないと思いますよ。ちょっと前にラサール石井氏の寝言を批判しましたが、それはそういう覚悟もなく軽薄に「表現の自由」を語ったからです。究極的な表現の自由なんてないし、あってもいけないのです。

件の献血ポスターについては「このくらいなんだ、表現の自由を奪うのか」と言いながら、その口であいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を「けしからん!」と批判していたりするのです。見事なダブルスタンダードです。

はい、まだまだ続きます。

【宇崎ちゃん献血ポスター論争】こういう使われ方は返って価値を貶める
宇崎ちゃんの献血ポスター論争から、アニメ文化論。こういう雑な使われ方をすると、知らない人に対して嫌悪感だけを与えることになるのではと危惧します。

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました